【花は咲くけれど】
2017/04/02(Sun)
170325syg22_1200.jpg

自宅のすぐ近くにこんなガーデンが。。。
3/25オープンまで約1年間入れなかった里山は、このように変貌した。



170325syg02_1200.jpg

全体の面積としては400mトラックが4個は入るだろうか。
ここは元々芋畑だった斜面。



170325syg25_1200.jpg

湿地帯も以前と変わらず保存されているが、ここはメインの大花壇。
スミレやパンジー、チューリップやラベンダーなども入っている。



170325syg20_1200.jpg

犬にとって花があろうがなかろうが、興味はないだろう。
だが人にとっては心休まる色と命かもしれない。

さて東日本大震災と原発事故から丸6年が過ぎた。
ようやく原発事故現場近くの地域に避難解除が出されたが、
まだ完全ではない除染地域が、なぜ安全と言えるのだろうか。
ど素人でもわかる疑問。

トランプに擦り寄る日本の総理。
その総理に擦り寄る日本の政権。
国家権力は何でもできる・・・といった今の日本。

自民は今、本来の健全な保守ては言えない気がする。
国会で公然と教育勅語を推奨する防衛大臣。
そんな極右的な教育方針を持った大阪の幼稚園。
それに大きく賛同し協力もした総理夫人。
道徳教育の復活を新たに加える文科省だが、
己たちにとっては当たり前の天下りは、とても道徳的とは言えないだろ。

全ては忖度か斟酌か・・・
己の身さえ良ければ良いのなら、
大人が管理しやすい子供達で良いのなら、
この国の将来は。。。ない。

だがそれは時の政権であり政治や官僚だ。
それを正していかねばならないのはやはり国民。

核爆弾廃絶から遠ざかるのも国策かもしれないが、
前大戦で国のためにと、若き命を失わせた過去を、決して忘れては欲しくない。

この犬とて、3歳の時は福島は飯舘村にいた。
どれだけ被爆しているかはわからないが、ともに生きる命、
花も犬も、それぞれが自由を持ってけなげに生きてほしいものだ。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2月の伊豆】
2017/03/15(Wed)
170220kaz01_1200.jpg

画像は2月半ばの伊豆河津桜。
今や全国的に有名でもあり、全国各地に河津桜の苗が移植されている。
やや寒い中だが、この花の艶やかさと春の到来を待ち望む気持ちは、誰もが感じるところだろう。



170220smd01_1200.jpg

河津の次に下田へ立ち寄る。
この日は団体様のアテンドだったが、雨に濡れたペリーロードもまたおつなものだった。
明治維新に思いを馳せて・・・
この記事のURL |  旅 伊豆 河津 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【強い寒気】
2017/02/15(Wed)
170212unn08_1200.jpg

2/12 上空5000mの気温がマイナス30度。
そんな日がしばらく続いた。
天候は晴れて伊豆大島の遠景だが、これだけ空気が冷えるとすべてが美しい。
大島上空の浮雲がなんとも印象的だ。



170212unn07_1200.jpg

前日の11日には伊豆下田でも雪が降った。
大島三原山にもうっすらと冠雪が。
熱のある伊豆大島三原山から西海岸元町港まではっきりと見える。
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【南紀みなべ】
2017/01/26(Thu)
久々の和歌山。
和歌山と言っても広い。今回は南紀白浜のやや西にある南部(みなべ)町へ。
みなべは梅の町。そして和歌山南部を南紀という。

170118mnb02_1200.jpg

みなべロイヤルホテルで宿泊。その近くの浜へ降りてみた。
とても穏やかな内海の様相の海だが、和歌山の男性的な海もこの日はとても静かだった。



170118mnb03_1200.jpg

ついつい撮ってしまう磯釣り師。
どうやって入ったんだろう・・・
いずれにしてものどかな光景。



170118mnb01_1200.jpg

ホテルから見た夕景。
目の前は太平洋なのだが、夕日の下にはうっすらと四国が見える。
次回はぜひ竿をもって・・・
この記事のURL |  旅 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【おだやかな海】
2016/12/29(Thu)
161226mtn04_cp.jpg

夕方の海と空のキャンバス。
磯釣りをしているとよくこんな景色に遭遇する。
海はますます暗くなり、空は一日の終焉とばかりに色と形を刻々と変える。
きっと魚達もこの景色を体感して、記憶の中に留めているのかもしれない。

161226mtn_cp1200.jpg

161226mtn01_1200.jpg

同行した内藤さんに撮っていただいた。
日中はこんなきれいな海で、元気な魚と遊んでもらう。
ありがたき自然。楽しめる仲間である。
この記事のURL |  磯釣り  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【磯釣りシーズン】
2016/12/12(Mon)
161206kgr05_1200.jpg

空の様相を見ると寒い。
だが水温はまだ18度台。



161206kgr03_900.jpg

そんな中での良型。



161206kgr01_1200.jpg

ストレスは解放しないと。
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さざんか
2016/12/05(Mon)
たまには書かないと^^;
とはいってもこの画像だけ。
161205さざんか01_1200
11月は寒かったけど、12月は比較的暖かい。
さざんかも近年にないほどの花の多さだ。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【沖の磯釣り オフラインミーティング】
2016/10/04(Tue)
161029offm.jpg

 今年も「めじな研究所」のオフ会の時期となった。
今年は私も参加させていただくが、もし行かれたい方はぜひご一緒にどうぞ。
1泊2日だが、釣りだけでもOK。
南伊豆の石廊崎での沖磯での釣り。もちろん渡船で。

めじな研究所 2016 オフラインミーティング

下の画像は2014年のものです。

141018ofm14_20161004104248e76.jpg

141018ofm03_201610041042518ea.jpg

141018ofm06_20161004104249adb.jpg
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【どこにいる?】
2016/08/16(Tue)
160711gdn01_1200.jpg

冬季は弱々しかった観葉植物のベンジャミンも夏場は元気。
しばらく外へ出しておいたのだが、自然の生き物がこのベンジャミンに寄生したようだ。
元気なベンジャミンの黄緑色の若葉が、次第に少なくなっている。
よくよく見ると・・・
この画像の中に、その葉をしっかりうまそうに食べている幼虫がいた。
さて、どこにいるかわかりますか?

ベンジャミンの下に、その幼虫の食後の排泄物は30~40個はあっただろうか。
食欲は旺盛だ。

私も当初は何の排泄物かわからなかった。
たとえ姿は擬態しても、結果そのウンチで人間にばれてしまった。

160711gdn02_1200.jpg

枝に擬態しているつもりだろうか。
全身を伸ばして、じっとして身動きしない。。。「見つけないで!!」とでも言いそう。

自生した鉄砲ユリも今元気に咲いている。鳥が運んだのだろうか。
自然界はあくまでも、ありのままだ。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【健康ミネラル麦茶】
2016/05/21(Sat)
テレビで伊藤園のCM。
健康ミネラル麦茶04

はじめて見て馴染みのあるロケーションだと感じた。

健康ミネラル麦茶03
そして
健康ミネラル麦茶05

ふむふむ。。。
鶴瓶も大変忙しいね。お疲れさん!!
このCMのURLは こちら へ

ちなみに
DSCF0025.jpg

140427kgr05_1200_20160521151439eae.jpg
この2枚は当方の画像。
海洋生物が自分の生まれた浜や河に帰る感覚と同じかもしれない^^
案外と直感でわかるのよね。
・・・・・よく似てるでしょ?
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ