スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【戦車第35聯隊長命会】
2011/10/24(Mon)
111021戦車第35連隊01

満州は新京にて結成された、大東亜戦争の戦車部隊。
今回はこの部隊に所属されていた方々の年に一度の慰霊祭とご旅行。
このお客様方とはすでに20年以上のお付き合いだが、最年長者は94歳。

大正6年生まれの方から大正後期の方々がほとんど。
皆さん20前後のお歳で満州へ。。。その後モンゴルで抑留された方々が多くいらっしゃる。
私の父も9年生まれで毎年の戦友会へも出かけていた。

私も毎年楽しみにしている皆さんとの再会。。。
来年はさてどうされるか、いつもそんな話し合いがもたれるのだが、
「仲間がいる限り、やろうじゃないか」と意気揚々とされている。

しかし1年の間に皆さんいろんな大病や手術を受けられているのも事実。
でも。。。健常者のように歩けなくとも、靖国でいつも再会されるのです。

111021戦車第35連隊02

今回は石和温泉での1泊。
初日こそ雨は降らずとも、翌日の予報は好ましくなかった。

翌日雨の中、今回は小淵沢・長坂町の「平山郁夫シルクロード美術館」へご案内させていただいた。
満州もモンゴルの地も、なぜかシルクロードに通ずるものがあるのだろう。
会員の幹事さんも「死ぬまで一度、満州へ、シルクロードへ行ってみたい」とよく言われる。

111022平山郁夫シルクロード美術館01

111022平山郁夫シルクロード美術館02

たまたま美術館ではガンダーラ仏の展示もされていた。
平山郁夫氏もシルクロードに魅せられながらも、それは仏の道と感じていたのかもしれない。
岡山からいらした方々も「吉備」の村落絵画に会話も弾んでらした。

111022富士山戦車第35連隊03

そして御坂峠を越え河口湖で昼食。
なんとその時、空は明るく富士の姿まで顔を出してくれた。(画像は西湖近辺からの画像)
「雨や雷とは言っても、その時ばかりは晴れるかも」と言っていたことが現実に。

道の駅 朝霧高原への立寄り時はまた雨。
だが富士宮の少年戦車兵学校跡に建てられた若獅子神社では、また雨は上がり。。。
昭和18年にここを卒業生された方々もいらっしゃいました。

111022富士山戦車第35連隊04

なんともこの上なくありがたき空模様。(画像は富士宮での画像)

「ありのままに 自然のままに その時をあきらかに見て 愚痴も言わず人のせいにもしない」
そんな方々ばかりなのだが。。。その恩恵に私も授からせていただいた気がします。
スポンサーサイト
この記事のURL |  旅 甲州 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【ぶどうの季節】
2009/09/13(Sun)
090911春日井ぶどう

昨日のぶどう園
山梨には勝沼を中心に、こんなぶどう園が100件以上ある。

でもぶどうって身体にもいいし美味しいよね。
寒暖の差がある地域ほどその生産には適しているようだ。

ここの親方に聞いてみた。
「天候に左右されることはよくあるの?」
「いや、天候より堆肥の問題が大きいですよ」と

でも見事でしょ、造花ではなく天然の甲州という銘柄のぶどう。

また親方に聞いてみた。
「ここに何本のぶどうの樹があるの?」
「うむ、ちょっと企業秘密の部分もあるけど、ここは300坪で10本」

この日のお客様もお土産用にご自分でいくつかのぶどう園をまわられたらしいが、
あまり美味しくないと。。。ならば私がここへ。。。。とお勧めしましたが、
お客様も巨峰を試食されてしっかり納得されていました。

もし行かれる方は、ご遠慮なくお電話下さいね^^
お教えします。
もちろん他にも、美味しいぶどう園はいっぱいありますが
ここは石和温泉の春日井という地所です。
この記事のURL |  旅 甲州 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
桃の花
2008/04/20(Sun)
080419桃の花01

昨日は山梨を中心に日帰りの旅に同行させて頂きました。
さて昨日の課題は、「花より団子」か?、それともお土産がメインか?^^
そんな観点から見させて頂いたのだが、そりゃ皆さん食べる食べる^^
バスの中でも次から次へといろんなものが出てきます。もちろん私はしばらく遠慮して(笑)

今は盛りの高遠の桜見学車両渋滞を何とか交わしながら、大混雑の談合坂をクリア。
勝沼の桃畑を目指して・・・・

釈迦堂売店

天気は回復、桃の花もあでやかだが、近くの臨時売店で皆さんしっかり\150の木の実や
野草天麩羅をご賞味されていた。
「あの\150は絶対安い!街なら\500はする」 と、私もそう思った^^
ただ旅というのは、そんな意外な味との出会いや、
その地方ならでわの手作り感のある旬の食材が嬉しいよね。
残念ながらその画像はない^^;

やはり「花より・・・?」

そして一宮の桔梗屋アウトレットへ。
目でも舌でも味わいながら、まだ時間は11時^^

080419囲炉裏焼き

何とか予定の12時前に昼食場所へ辿り着いたが、朝7時から集合されている皆さんのお腹は・・・^^
でもまたたっぷりと囲炉裏焼きと温泉を召し上がって頂き、すぐまたいちご狩へ。

フルーツパークいちご狩080419

ただ、そんなコースを作ったのは、他ならぬ私なのですが(笑)
そしてしばらくドライブして、甲府盆地から今度はなんと富士宮へ。
そう・・・目的はB級グルメ一位の「富士宮やきそば」の試食へ^^

富士宮やきそば


富士宮やきそば

まっ、食べられる時に食べられれば幸せですね。
そんなメタボの心配とは無縁な旅でした^^
この記事のURL |  旅 甲州 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。