【千円で料理舟】
2009/12/19(Sat)
091213料理船02

いただいて来ました。。。。千円で^^

これまた偶然の出会いでしたが、ホテルの中の一角をふと見ると
こんな食器が何気なく置いてあって。。。

食器ばかりを見ていると。。。その横に舟も。。。

091213料理船03

いわゆる舟盛りに使う「料理舟」。。。
幅30cm 長さ80cm
装飾に使うより、浮かばせてみたい^^

でも良く見ると。。。値札が。。。
「そうなんだ 中古の食器の 販売コーナーなのね」と しばらくしてやっと理解^^;
宿泊客にとって、まさか売り物とは。。。と思うのは当たり前。

好きです、こんな「我羅久多市」^^
・・・・お皿百円から高いものでも千円

そこで他の旅館・ホテルにも聞いてみた。
「捨てられずに いっぱいあるよ」。。。だって。

温泉 我羅久多ツアー。。。企画したいね^^
この記事のURL |  旅 伊豆 稲取温泉 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
伊豆で道草⑤稲取東海ホテル湯苑
2009/04/21(Tue)
090411稲取東海ホテル湯苑16

伊豆稲取の名物・・・・つるし飾り
だが女の節句ではなく、今は男の節句なのだが・・・

良く見ると 鯉のぼりなのだ。

男の節句の鯉のつるし飾り

私自身 正直言って3月のお雛様が嫌いでね、
それはきっと保育園時代のトラウマかもしれない。

「何でボクは男なのに・・・明かりをつけましょぼんぼりにぃ・・・なんて」
怒られながらも女の保母に教え込まれて、そして女みたいにお遊戯・・・なんて・・・

「なんで男なのに こんな真似しなきゃならんの?」
「こんな演技してないで、外で遊ぼうぜ」・・・と思っていたことをハッキリ覚えている。

090411稲取東海ホテル湯苑15

ホテルのロビーに飾られた立派な端午の節句の兜飾り。

その周りにつるされた鯉や兜がとても良い。
雛が鯉に替わっただけで、こんなにも良いものか・・・と 正直思った^^

090411稲取東海ホテル湯苑17

さて最近新装されたいくつかの専用露天付部屋のひとつを紹介します。

内湯が檜風呂で大きさも充分。
そのすぐ横に信楽焼の完全露天もあり、いずれからも海を見下ろせる。

露天だけしかない部屋も使いづらいが、これなら冬でも露天を楽しめる。

090411稲取東海ホテル湯苑18

さて、たまにはこんな部屋で、温泉三昧してみては?
もちろん料金は・・・インターネットより安く 交渉しますよ^^

雛祭りは苦手でも、端午の節句はお任せ下さい^^
デジタルもいいけど、一律に決めないで、アナログな電話で聞いてみて^^
この記事のURL |  旅 伊豆 稲取温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊豆で道草④稲取東海ホテル湯苑
2009/04/15(Wed)
090411稲取東海ホテル10

うむ・・・なかなか良い身体してますね。
このホテルの5階大浴場の露天での一こま。
彼の視野の全てが、海となっているはず。

このホテルの最大の特徴は、最大宿泊数約200名に対して、大浴場のスペースが広いこと。
2008年から2009年に掛けて、またこれらの風呂を追加改築もしているのだ。

090411稲取東海ホテル08

そして・・・ご宴会。
今回はまもなく古希を迎えられる方々の同窓会。
30年前から続いてらっしゃる中学3年B組さん達は、とても和やかで言いたいことが言える
そんなお仲間達でもあります。

090411稲取東海ホテル06

090411稲取東海ホテル07

090411稲取東海ホテル13

ご宴会のお料理の一部です。
地の金目鯛のしゃぶしゃぶや煮付けもさることながら、
一人舟盛りのお造りの中の、地のアジも嬉しい限り。
もちろん私も・・・大変美味しくいただきました^^

さてそんな青くて多感な時代を共に過ごされた方々・・・
お互いのよきもあしきもしっかり受け入れられて、また同窓の中で若返られる空間、

私から提案させていただいたのが、↓の大型貸切の舟形露天風呂

090411稲取東海ホテル14

私・・・「こんな古希を迎えられる機会だからこそ、ぜひ皆さんでこの露天でも入られて、若き日の春でも呼び戻されては・・・」
幹事さま・・・「いやぁその話が出たのよ・・・でも男の方が萎縮して、さらに品評されてはたまらないと・・」

いやいや そんな話題が出るだけでも、皆さんきっと・・・若返られたのでは?^^
この記事のURL |  旅 伊豆 稲取温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊豆で道草③稲取東海ホテル湯苑
2009/04/14(Tue)
090411稲取東海ホテル11

今回の目的地は、伊豆稲取温泉。
温泉ホテルへ着いて、お客様にご挨拶・・・

私もすっかり馴染みの 稲取東海ホテル湯苑を撮ってみる。そして
ご宴会まで時間もあったので、ホテル前の海岸をゆっくり散歩。

090411稲取東海ホテル05

ホテルロビーから望む海↑ 
こんなにゆっくりと 海で道草したことがあっただろうか。

090411稲取東海ホテル01

もちろん地元の人々にとってはありきたりの光景。
でもいろんな画像が撮れた^^

090411稲取東海ホテル02

浴衣姿でホテルのすぐ前を散歩するお客様。
そんなゆったり流れる光景だが、この写っている一組のお客様が
浴衣の裾をを捲くっていきなり海の中へ・・・

ここはゴロゴロとした岩場なのだが、幅50m・奥行20mほどの天然自然海水プールになっている。
大潮の夕刻時、私の視認ではゆうに2m以上の深さなのだ。
でもそのお客様は、足だけ浸けてすぐ上がられた?

あとでこの方に「サザエでも見えましたか」と聞いてみると、
「いやいや ここは何でもいるから、デカイ魚もいっぱいいるよ」と・・・

そか・・・じゃこの自然プールで、釣り大会でも・・・と思った次第です
もちろん釣った魚をこのホテルで刺身にしていただいて・・・ね^^

090411稲取東海ホテル12

そろそろ、それぞれの・・・ご宴会です。
この記事のURL |  旅 伊豆 稲取温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |