スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【さすが知床】
2013/10/12(Sat)
131012知床01


131013知床02


131012知床03


131012知床五湖


131012知床05

さすが知床 世界遺産
とにかく人が多かった。
ウトロの街も以前より整備されて、これほど違うものかと・・・
そして観光船も混んでいて、知床五湖も展望台まで作られて・・・
かなり野性味や神秘性が薄れた感はぬぐえない。

しかしここもアイヌのふるさと。
アイヌ人は自然と共に生きて、自然をひたすら敬った。
自然の中で生きる、自然と共に生きる、それがアイヌの根本理念だ。

131012知床06

そんな中で、カラフトマスの遡上、産卵と孵化の現場に遭遇。
自然は裏切らないね。
そして10月になると、カラフトマスに替わってサケの産卵が始まる。
スポンサーサイト
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【北の大地】
2013/10/09(Wed)
131010オンネトー

久々の道東。
天候にも恵まれたが、若い学生さん達は北の大地に何を感じたのか。。。

画像は雌阿寒岳とオンネトー。
雌阿寒岳の麓に、周囲3キロのひっそりと潜む小さな湖は、
かつてから静寂の中で神秘性を醸し出していた。




131011阿寒湖

バスの中で「マリモって知ってるかな?」と聞いても、
20歳前後の方々の多くは、初めて聞く言葉だったようだ。




131011摩周湖

そしてまたまた晴れてしまった摩周湖。
かつては、「霧の多い摩周なのですが、たまたま晴れた摩周湖を見てしまうと、
婚期が遅れる」そんな摩周伝説も今ではどこへやら。。ですね。



131011美幌峠

美幌峠からの屈斜路湖。
やはりこの雄大さは北の大地ならでわのワイドシーンだ。
人工的な建物もこの広さの中にほとんど目に入って来ない。
それが北海道の良さであるだろう。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【カシオペアの旅(お客様画像)】
2011/08/01(Mon)
110719カシオペア01

7月下旬のカシオペアの旅。
とても仲の良い御兄弟夫婦6名様でご参加いただきました。

東京から北海道までの寝台列車は、このカシオペアとあとは北斗星。
しかしカシオペアはすべて個室仕様。
今回は6名様で3部屋を使って頂きました。

画像はダイニングカーでのフレンチディナー。
高いかどうかは別にしても、お客様は「とても美味しかったわ」とのこと。
航空機で1時間半の札幌だが、時間を使って旅を楽しんでいただいたようだ。

110720富良野ラベンダー

主な目的地は富良野・美瑛と函館。
まだあと一息といったラベンダー畑だが、このロケーションはまさに富良野盆地ですね。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【嵐の前の】
2009/10/10(Sat)
091007ygg02

台風18号の動向を気にしながら、ゴルフ場を後にしようとしたら。。。こんな素晴らしい夕景が

ここは北海道は恵庭市のエルムカントリークラブ。
この日から3日間、3箇所のゴルフ場でのゴルフをなさるお客様との同行。

ところがこの翌日台風は愛知県東部へ上陸。
日本列島を縦断して、3日目には北海道付近へ。。。そんな予報が恨めしく思っていた。

091007ygg01

だがこの夕焼けが何を意味していたのかは解らないが、
かつてこのブログでも紹介したタカヒロが、
イタリアはトスカーナで撮ってくれた夕焼けとよく似ている。

トスカーナと北海道。。。特に関連はないだろうが、少なくとも自然が豊富な所である。

091008ygg

この実はオンコの実。ゴルフをしながらキャディーさんが摘んで食べた^^
正式には「イチイ」の樹なのだが、キャディーさんいわく心臓病に良い。。。とか?
以前も食したことはあるが、種の周りのネットリトした赤い実が甘くて。。。^^

091007ygg06

南の台風をよそに、北風が吹き込んでくる中、3日間共雨にも降られず。。。
こんなラッキーなことはない。
旅行当初は、「帰りの航空機が台風で飛べなくなるかも。。。」とも言っていたのに。

091007ygg03

この方もすでに70歳近いご婦人。。。ゴルフをなさる方はこのスイングを見て。。。解りますよね^^

091009ygg01

すでに20年続いているこのゴルフ旅行。でも必ずラーメンを食される方もいらっしゃる。
そんなゴルフ場での昼食にも、北海道ラーメンの美味しさが、胸を張っているようで。。。

091009ygg02

さて20回目のこの会に、最後の最後でドラマが待っていた。
この優勝商品が一番欲しいと念願していたヨネちゃんに。。。手渡された瞬間^^

ゴルフの新ペリア方式は、偶然も重なり成績優秀者が全て勝つとは言えないのだが、
いつも良き成績を残していながら優勝できなかった彼女に、
最後の最後で手に渡るとは。。。

先の夕焼けは、そんな偶然を予期してくれていたのかもしれませんね。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いろんな阿寒湖
2009/06/28(Sun)
051005阿寒湖02

これは2005年の10月に撮ったもの。
知り合いの方の画像を見て、偶然同じ角度から撮られていたので
懐かしくアップしてみました。

051005阿寒湖01

もう一枚・・・2005年は初冬でしたので、阿寒湖から湯気が・・・・^^
いろんな季節に同じスポットに立てるのも、知人の存在があればこそです。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(6) | TB(1) | ▲ top
5月の北海道⑥ 野付半島・釧路 (ゲストフォト)
2009/06/11(Thu)
090516根北峠01

お客様の希望は羅臼峠横断。
そして峠付近から徒歩でこれまた秘境の羅臼湖が目的でした・・・が、
積雪のため羅臼峠は断念されたようだ。

そしてやむなく、根北峠越え となる。
そんな道中からの一枚は東側から見た斜里岳だろうか?

090516野付01

本来は羅臼へ出る予定がもう少し南へ出られて、
海岸線から知床連山を望む。

090516野付02

あの鳥の足のような形をした野付半島へ。

090516野付03

車なので船での野付半島の先端までは行けないが、国後島を目の前に望みながら走る。

090516野付04

海岸線から見た国後は黒く、知床は白かった・・・
そんな言葉が聞こえてきそうで。

090516釧路湿原01

北海道一人旅の終焉地は釧路

090516釧路湿原02

釧路湿原を見ながらお客様は、画像というお土産を持って、
さぞかし充実した一人旅ではなかっただろうか。

私も北海道は何度も訪問するのだが、あの大陸的な大地を、一人で旅してみたくなりましたね。
日常の全てを振り払って、携帯も持たずに旅に没頭できる・・・そんな旅を。
でもお客様の画像のお陰で、刹那だけでもそんな気分させていただきました。
もし行くなら・・・もちろん釣竿も持参することになるとは思いますが・・・
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月の北海道⑤ 知床五湖 (ゲストフォト)
2009/06/10(Wed)
090515知床五胡01

五湖は知床の厳しい大地の中の神秘的な潤いだろうか。
かつて33年前は五湖を全部回って「人の足の踏み入れない自然」と痛感もしたし
とても穏やかで静寂の中の湖かとも。

090515知床五湖02

遊歩道は昔と何も変わっていなくて、この熊笹が自然のありのままの姿を覆いつくして、
背丈ほどのある熊笹の中に、忽然と湖が横たわっているようで・・・

090515知床五湖09 

一湖の左向こうには山はない。
切り立った断崖・・・その下には流氷もやってくるオホーツク海が・・・

いつ自然界のひぐまがそこに現れても、おかしくはない。
そんな雰囲気の中で、今も熊出没のため、五湖全ては回れなかったようです。
人が危険であると同時に、自然界のひぐまにとっても・・・

090515知床五湖04

これは二湖かもしれないが、二湖は最も大きな湖。
やや高い台地に、ほぼ同じ高さで五つの湖が横たわっている。
そのすぐ背後の、羅臼岳から硫黄山まで続く知床連山に、まだ残雪が・・・

090515知床五湖07

きっと夏にはない、水量の多いせせらぎの流れかもしれない。
こんなところにフォーカスしていただけるのも、嬉しい。

090515知床五湖05

だが、こんな近くに多くの鹿が・・・・それも人を恐れない鹿。
ここも鹿が増えてきているのだろうか?かつては遠目で動物を見つけることに
喜びを感じたものだが・・・

090515ウトロ01

だがそんな時に、降雪が・・・
お客様はためらわず、ウトロのホテルへ戻られたようです。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月の北海道④ 屈斜路湖・涛沸湖・斜里岳 (ゲストフォト)
2009/06/10(Wed)
090515屈斜路湖01

阿寒・摩周を経て、本来は美幌峠を目指すところだが、
お客様は別ルートから屈斜路湖を・・・・・
それは藻琴峠。
ここはちょっと隠れたビューポイントだ。そしてオホーツク海を目指して藻琴湖へと抜ける。

090515小清水原生駅01

目の前をオホーツク海に面した原生花園駅。その反対側が小清水原生花園が広がる。
釧網線のなかでも、とびっきり美味しいロケーションのひとつであり、国道も併走している。

090515斜里岳02

涛沸湖越しの斜里岳
お客様の目も、この雄大な斜里岳を、いろんな角度から撮影される意図が
良く伝わってきます。それだけ雄大な知床の玄関にふさわしいロケーションです。

090515斜里岳01

そしてこれはオホーツク海越しの遠音別岳だろうか?
車を止めて、角度をイメージして・・・それだけでも時間と手間なのに・・・ですね。

090515オシンコシンの滝01

オシンコシンノ滝は知床の険しさを表していますね。
そんな知床の海岸線を走って・・・ウトロから知床五湖へ
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月の北海道③ オンネトー (ゲストフォト)
2009/06/08(Mon)
090514大雪01

層雲峡から、ルート39大雪湖の手前を右折して、ルート279へ入って南下されたようだ。
その道中からの大雪の遠望だろうか?

本来はルート39を東へ直進して北見から網走へ入るコースが多いが、
お客様の目的は・・・・オンネトーである。

090514十勝01

「ようこそ十勝へ」という看板も、「さて十勝は・・・広い」と思ってしまうかもしれない。
南下して糠平湖を過ぎて、そこはすでに足寄・・・そしてオンネトーへ

090514オンネトー01

そんな広大で雄大なロケーションの中をひたすら走って着いたのが
ここ・・・・オンネトー

左が雌阿寒岳 右が阿寒冨士ですね。

090514オンネトー02

それにしても陽の当たり具合、雲の厚さ具合で、いろんな色に変化するこのオンネトー。
もちろん観光客は少ないのだが、それでも5時間粘ってシャッターチャンスを待っている
そんな青年もいらしたとか・・・

090514オンネトー03

雄大な草原を駆け抜け、白く気高い山々を望み、
そしてエメラルドグリーンやコバルトブルーの湖面を見せる神秘的な湖に出会う。
5月の静かなオンネトーも 良いですね。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月の北海道② 富良野・旭岳 (ゲストフォト)
2009/06/07(Sun)
090512富良野03

お客様の最大の目的はこの富良野ではなく、大雪山。
でも富田ファームへ立ち寄っていただいて、まだ春の富良野のパッチワークが鮮やかです。

私も毎年北海道へ行っていますが、やはり33年前の2週間を車で回った時の記憶が
今もなお鮮烈で大陸的で、男3人の学生が2,000kmを走った実感が蘇ります。

090512富良野01

当初の滝川予定ではなく手前の美唄インターで降りられ、夕張国道を北上して
富良野へ・・・上の画像はその途中にある三段滝だろうか。

090512富良野02

富良野盆地ですねぇ、ファームの向こうに十勝川・富良野岳・美瑛岳などが見えていますね。
まだ5月、連休明けのこの時期はとても穴場で空いている頃なのです・・・お客様は正解ですね。
これも一人ならでわのシーズン選択です。

090512美瑛01

そして旭岳温泉を目指して・・・

090512旭岳01

北海道の最高峰である旭岳は確か2200m級かと。見えてきましたね目の前に。
その麓のロープウェイ近くに旭岳温泉があるのだが・・・途中にはちょうど桜も。

090512旭岳温泉01

そして大雪山国立公園の残雪が迎えてくれて・・・・
お泊りは勇駒荘をご案内させていただきました。
特に食事がとても気に入られたと・・・そう言っていただいて私ももちろん、絵顔・・・^^

090513羽衣の滝01

羽衣の滝へも立ち寄られて、この時期の滝の特徴は、なんといっても水量の多さです。
何人もの天女が優美な羽衣をまとい舞い降りる・・・それが今なのです。

090513旭岳03

そして次回は・・・旭川を抜け層雲峡から黒岳を見ながら・・・南下されます。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。