神々が宿る山
2006/07/09(Sun)
PRISONER ON A BUS(MR.SALMAN RASID)より

しなびたオヤジです。
今回はこんなパキスタン北部へは行ってはいないのだが、
それは6千・7千メートルの山々が連なる世界の屋根である。
そこは神々が宿る山とも言われ、釈尊が生まれた時代においても
この地の預言者に予言を授かったと言われている。


PRISONER ON A BUS(MR.SALMAN RASID)より

いろんな山の、雪渓の雪崩の音が響くところ、フンザというところへも、行ってみたいと思う。
文化も文明も、この地域にはどれほどの影響があって、それが今もどのように生かされているのだろうか。
それよりも、この偉大な自然の中で、いかに人として生活を営んでいるのかが、興味深いのだ。
満天の星と、雪崩の響きを体感しながら・・・・

パキスタン民族博物館


★★
ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★
この記事のURL |  旅 パキスタン ガンダーラ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |