スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
資本主義
2007/10/29(Mon)
071020猊鼻渓01

10/12に首都圏数百の改札がストップしたね。
でも電車は正常に動いていて、ただ出改札だけが不能となった。
TVニュースを見ていて、思ったこと・・・皆さん改札を素通りしていて、
なかなか良い光景でもあった。

利便性や価値を代償としてお金の支払があるのだが、
その利便性が欠如した場合、果たしてお金は必要?とも思えたのである。
そんな事故に便乗して、むやみに電車に乗る人もおるまいと。
「そこである電鉄では、支払う用意のある方は、こちらへお金を」
そんな対応も一部あったようである。

止むを得ない電鉄側の無料解放。
でも、その対価を得たと思った人はお金を置いていく。
いずれの側も、これぞ資本主義の基本かと思った次第である。

高度成長期の真っ只中で日本を支えてきた今の高齢者の方。
そしてその子として戦後豊かな日本を当たり前のように追い求めてきた中年世代。
今もそんな時代のスピードの速さも、物の多様性もその多さも、
みんなそれが当たり前と思ってきた時代の人達なんだろうな。

こんな大首都圏の人の流れが、出改札のストップで止まってはいけないのだが、
それに対する資本側の対応と消費者側の心意気が、何か微笑ましくも思えたのである。

大渋滞の道路会社の皆さんにとって、この光景がどう写っただろうか?
もし、ETCが故障したら?

上の画像は先週伺った、岩手県げいび渓のひとこまです。
この舟には機械も電気もありませんが、自然の流れと船頭の一本の竿が、
ゆったりとしたスピードで、秋の渓谷と砂鉄川の河面を楽しませてくれる。
船頭が唄ってくれる猊鼻追分が、石灰岩の渓谷の静寂の中で、
岩にも河面に反響して、それが自然なエコーとなっていてね。
なんともスローな風情だった。
スポンサーサイト
この記事のURL |  旅 岩手(猊鼻渓) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
松島 五大堂
2007/10/24(Wed)
先週、松島へ訪れた際の風景
土曜と言うこともあって、ごったがえしていた。
松島と言えば あの海に浮かぶ島々でもあるが、
この五大堂も、島といえば島なのだ。
071020松島五大堂01

1600年代初頭に、伊達政宗公が現存の五大堂を建立されたようだが、
このお方、様々なことに卓越されていたようで、
伊達家の偉業には敬服するばかりである。
この五大堂建築においても、はるばる奈良や紀州から
吉野杉や熊野の樹を海上から運び、そして紀州は根来の
名工鶴衛門家次を呼び寄せている。
海上ルートだとゆうに800kmはくだらないはずでね。
なんとも雄大な構想であり、その行動力には驚くばかりで・・・

根来と言うと、真言の根来寺、根来忍者などで有名ですが、
私にとっては青春の淡い想い出の場所でもあるのだ。
071020松島五大堂02

お堂の周りの欄間部分に十二支の干支をあしらってある。
これも鶴衛門家次の作らしい。
このお堂は、すぐ後ろの瑞巌寺の守護神として、
五大明王を中に祀ってある。
元は、800年代に坂上田村麻呂が建て、
慈覚大師円仁がこれらの明王を祀ったといわれている。
071020松島五大堂03
この記事のURL |  旅 宮城 松島(五大堂) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宮城県のベッピンさん
2007/10/22(Mon)
071020志津川湾 南三陸ホテル観洋01

宮城県は南三陸にある志津川湾のウミネコ美人
ズームではなく、なぜか間近で^^
カモメ科のウミネコなのだろうが、やっぱりカモメかな?^^

美人だと思いません?
男かも知れないけれど・・・・^^;
071020志津川湾 南三陸ホテル観洋02

この記事のURL |  旅 宮城 気仙沼(南三陸) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
北の秋
2007/10/08(Mon)
071003ygg01

北の秋を求めて北見まで行ったのだが・・・
北海道もまだまだ暑く?日中は20℃位まで上がっていた。
天候に恵まれたのはありがたい限りであるが、
ゴルフ場の中の風景を撮ってみた。

人工的なゴルフ場かもしれないが、
真っ直ぐ伸びるカラマツ林の中に、僅かに紅葉している落葉樹。
そんなコントラストの中にもまた樹木の影が色を鮮やかにしていた。
そんな1本の落葉樹が北の季節を教えてくれた。
まるでこの時こそ「見て見て!」と言わんばかりに・・・
ブナ科の樹かな?

071004ygg03

ガマと久しぶり対面。
子供の頃にこんな植物を見つけると、きっと剥いてしまうか
折り曲げて中身を確認していたのかもしれない。
水辺に咲く傷症の生薬でもあるらしいが、因幡の白うさぎの話しなんて、
今の若い人は知っているのかな?

071004ygg04

薊(あざみ)と書くらしいが、なぜこの野草の名に魚偏が付いているんだろう?
いずれにしてもこのトゲにヒントがあるのかもしれない。

071004ygg05

そしてまだ紅葉しきれないでいたななかまど。
実だけは真っ赤になって、今後次第に葉も黄色くなるのだが・・・

071004ygg06

まるで夏の空だよね。
空を撮ったわけではないが、
写真は意図しない思わぬものが、一緒に映ってくるのも面白い。
まるで投網みたいでね。
この記事のURL |  旅 北海道 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。