スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ポジティブ教の信者
2009/02/26(Thu)
カイバル鉄道01

最近良く耳にする言葉だ。
だけど私が小さい頃は、みんなネガティブだったかも。
ただ遊ぶ時は、ポジティブ・・・でもないか?
野球やっているときも、路上で遊んでいるときも、なぜか暗かったかな?
断片的には夢中でも、私世代の過去も、色で言えば灰色かも・・・
いや、いつも暗くて大きな目に見えないものがあったのかもしれない。

次第に自分も、無意識によりポジティブに生きたいと願うようになった。
それはなぜ?

そしてまた、いつものやや暗い自分へ戻る時もしばしば。

大人になって現実を見ながらも、また流されて・・・
なんか無理やりポジティブになることもないかと・・・

いろんなポジティブに出会えるに越したことはないかもしれない。
だが
「出会えなくても 仕方がない」
それは無念なことかもしれないけれど
「出会えないということに今・・・出会っている」
そう思いたいと思うし、それに気づいていたいとも思うし、
それを楽しんでみたいとも思う。

きっと子供の頃のように、何かに反発して、何かに立ち向かって、
刹那の中で夢中があり、また大きく暗いものの中に包まれる。

カイバル鉄道02

これらの画像は、蒸気機関車でカイバル峠へ向かう途中の給水休憩地で撮影。
上の一枚目の最前列中央の小柄な子供は、汽車を見るより、見慣れない顔の
私や我々外国人に興味があったのだろうか、そんな彼の視線を感じで
無意識に写した一枚だったかも。だから彼が中心にいる。

パキスタンの子供達は、とても好奇心旺盛ですぐに近くに寄ってきて、とても純朴で・・・
だからこれらの写真と出会えたと思う。
おそらく小学生から高校生ぐらいまでいるのだろうが、
ここでは大人も子供も分け隔てない感覚で、自然ないい顔をしている。

きっとこの子達の周りにも、日本の私と同じように、大きな暗いものがあるのだろうか?
いやかえってこの子達の方が、ポジティブ教の信者とは程遠くて、
ありのままに出会えている・・・そんな気がするのだが・・・
スポンサーサイト
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガンダーラ画像をさらに補足
2009/02/22(Sun)
モラモラドゥ ストゥーパ(Mohra Moradu Stupa)01
(モラモラドゥ ストゥーパ(Mohra Moradu Stupa)仏塔・僧院)

未掲載の画像を過去記事に追加アップしました。

タキシラの中の「ジョーリアンストゥーパ」
「シルカップシティ」
「カイバル峠」

興味のある方は↓スケジュールよりご覧下さい。
★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★

イスラマバード市内マーケット店内21

首都イスラマバード市内でのマーケットの店内風景。
市内には数箇所の大きなスペースでマーケットとして存在します。
こんなバッグのお店もあれば、薬屋さんも本屋さんも食事場所もいろいろ。

イスラマバード市内22

ここは首都イスラマバードの官庁街。
整えられたまだ50歳代の首都だが、パキスタンでも生活感に触れて温かみある田舎がいいね。

イスラマバード 乗合タクシー

イスラマバードでも、日本製の軽四をきれいに改造した乗合タクシーが見受けられるのも、
パキスタンならでわのもの。
日本も今となっては見習わねばならない質素・倹約と、乗合の発想が、ここには今も息づいているかのようで・・・。

★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★
この記事のURL |  旅 パキスタン ガンダーラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ディール博物館 ガンダーラウィーク
2009/02/04(Wed)
ディール博物館01

チャクダラにあるディール博物館手前のバスから撮ったロケーション。
この川がスワート川かとうかは確認できないが、この地点ではまだ綺麗な雪解け水である。

ディール博物館02

比較的小さな博物館だが、たまたま見学中に停電があった。
もちろん地域停電だろうが、懐中電灯を照らしながら・・・

ディール博物館03

★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★

ディール博物館の画像は↓続きでどうぞ。
この記事のURL |  旅 パキスタン ガンダーラ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
シャンガルダール ストゥーパ(Shingardhar Stupa)
2009/02/04(Wed)
3年前のガンダーラウィーク
ガーリガイの磨崖仏 とシャンガルダール ストゥーパ(Shingardhar Stupa)

シャンガルダール01

このガーリガイ磨崖仏はシャコーライの磨崖仏より小さいが、道路のすぐ傍にあった。
上半身はほとんど原型を留めていないが、下半身に衣の文様なども見える。
紀元後2世紀から3世紀のものと言われている

シャンガルダール02

そしてしばらく走ると、のどかな畑の中に忽然と大きなストゥーパが現れる。

シャンガルダール03

一見、要塞のようにも見えるが、これがシャンガルダール ストゥーパ(Shingardhar Stupa)

シャンガルダール04

高さも20数メートルはある大きな仏塔である。
紀元後1世紀から3世紀のものとされるが、時の女王がここに仏舎利を収めたと言われている。
玄奘三蔵もここを訪れたらしく、その仏舎利の由来について記述している。
 釈迦は「自分が涅槃に入った後、舎利を平等に分けるように・・・」と

生きている内は一つの個体だが、骨はいくつにも分けられる。
仏教の教えの中の、原因と結果によって全てが変化生滅しているという縁起を思えば、
骨とて釈迦そのものであり、小さな種の時とて、また灰になろうと、
それも釈迦本来の姿と、捉えられるかもしれない。

シャンガルダール05

ここにも今回全て同行して現地ガイドを務めていただいたフェイサルが写っている。
今は治安の問題があり、パキスタンへの渡航はままならないが、
彼の現在の日本語ブログもここでリンクしてありますので、ご覧下さい。

シャンガルダール06

ストゥーパ(仏塔)の基壇部分の彫刻はほとんどなくなっているが、
上の部分の外壁は修復を繰り返されながら、ほぼ原形を保っている。

シャンガルダール07

修復の跡や最上部の円形が崩れている事の説明も受けたのだが、
今は詳しく思い出せません。

シャンガルダール08

近くの若者だろうか、このストゥーパにとまる鳥に向かってパチンコを放つ。
きっと釈迦如来にしてみれば、それも人のすること、全ては無常であるのだよ・・・・
と言っているかいないかは、わからない。

シャンガルダール09

そしてペシャワールへ向けて、のどかな道路をまた走る。

★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★
この記事のURL |  旅 パキスタン ガンダーラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シャーバズガリ遺跡(Shahbas Garhi) ガンダーラウィーク
2009/02/04(Wed)
ほぼ3年前、パキスタンはガンダーラウィークでの、つたないデータを改めて補足します。
今回はガンダーラの中の未掲載の3箇所を・・・
ここでは紀元前3世紀頃のマウリヤ朝のアショーカ王の勅旨が彫られている
「シャーバズガリ遺跡(Shahbas Garhi)」です。

シャーバスガリ01

小高い山の中腹の屋根の付きの囲いがそれ。
下は綺麗な公園になっていました。

シャーバスガリ02

岩に彫られたアショーカ王の勅旨。
これも紀元前に彫られたものと言われている。
仏教を擁護したアショーカ王らしいが、その時代はまだ明確な仏像らしきものがない時代かも知れない。

★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★

↓続きにシャーバズガリ他の画像があります。
この記事のURL |  旅 パキスタン ガンダーラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。