【160人の若者達】
2009/08/26(Wed)
090819zmn福島08

150畳もあろうかという大宴会場。
ここは福島県は土湯温泉の山水荘の広間なのだが。。。
こんな空間を有効に使って、半数以上の若者達が初めて出会って、さて何を表現できるか。。。

090819zmn福島06

これは毎年恒例で、関東の大学23校のあるクラブが集まってのワークキャンプ。
最近の若者は。。。とか、いろいろ特徴あることは言われるが、私にしてみれば
そんな昔と変らないとも思う。
ただ以前より積極的なコミュニケーションが取りにくくなっている感も否めない。

090819zmn福島04

でもこんな160人もの人達が一堂に会して2泊できるなんて、こんなチャンスはない。
それは自分を試す場でもあり、自分を知る場であっていいはず。
そして自分に何ができるか、あるいは自分をいかに表現できるか。。。

090819zmn福島03

そんな訳で、今年のテーマは「いかに自分を表現するか」そして「新たな自分を見つけよう」
その二つを大きなテーマにして、全てが学生達自身で企画を立て、幹事さん達のリードで
いろんなゲームや体験を通して、この空間などで3日間をチャレンジされた。

090819zmn福島02

初日のゲームで選抜された人達が見本となって、体育館でのバレーボール大会の準備体操。
全てがこの3日間の中で、いろんな企画が連動されている。

090819zmn福島05

そしてまた広間に戻ってスキンシップも取り混ぜて^^

090819zmn福島07

最後は恒例の罰ゲーム。。。。
今年は160人の前で、自分をどれだけあからさまにできるか
そんな罰ゲームだったのかも知れないな^^

いずれにしても、幹事さん達、お疲れ様でした!
きっと幹事さん達にも、自分の可能性や新たな自分を見つけられたかもしれませんね。
見事なチームワークであり、個々のパーソナリティーが発揮できていたと思います^^
この記事のURL |  ひとびと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
【引越しと想い出発掘】
2009/08/14(Fri)
090814ペン立て02

引越しをすると、いろんな懐かしいものが出てきます。
懐かしいといっても頂き物が多いのですが、商売柄お客様のお土産として、
各地の物産が多く、数年は覚えていてもこれは15年ほど前のもの。

ケアンズへの卒業旅行の際に買ってきていただいたものだが。。。。
ペン立ての表向きばかり15年も見ているとつい。。。。

片付けの際、裏返しになったこのペン立ての裏面を見てとても懐かしく思った次第。

090814ペン立て01

彼らはしっかりと良く覚えている。
とても仲の良い仲間達で何をするにしてもエネルギーも行動力も夢もあったように思う。
その証が、この裏面のサイン?なのだ。

これがあるとないとでは、随分違いますね。
きっとサインがなければさっさとゴミ箱行きだったかも。。。。
たかだか10AU$ぐらいのペン立てかもしれないが、私にとっては貴重な想い出の品なのだ。

1995年で卒業の彼らだったが、
その1年前に卒業された学生の中に、今は有名な漫才師の一人がいた。
でもそれを知ったのはつい最近でね
「へぇ。。。あの彼が。。。この人なんだ。。。」 
かつての若い彼を思い起こしながら、今の活躍ぶりを聞いたり見たり。。。^^

090813外観01

この記事のURL |  ひとびと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【引越しほぼ完了】
2009/08/09(Sun)
090809引越完了02

皆様のご協力でなんとか仮店舗への引越しをほぼ完了させていただきました。
ありがとうございました。

地図は下記へアップしてありますので、狭いですがぜひご来店下さい。
http://www.k5.dion.ne.jp/~pst/itenannai.htm

路面店舗とは違い、実際はアパートのワンルームタイプですので、
従来の6割程度の広さです。
ただ嬉しいのはキッチンもバスルームもあること。。。
誰かに言われましたが。。。「もう家に帰らなくなるのでは?」。。。
当たっているかも知れません^^

結局スチールラックを3つを残してきましたが、お蔵入りの荷物が山ほどなら
さっさと片付けて身軽になった方が良いと思いましたね。

「ひとつ失えば、ひとつ新たなものが手に入る」

電子機器の類の処分だけでも何万とかかるこのご時勢。
それがリサイクルに回り多少でも再生できるならと願います。

今日は日曜ですが、1970年代の楽曲を聴きながら
ようやく落ち着いてきました。

ご来店いただければ、簡単な料理でも作りましょうか^^

090809引越完了01
この記事のURL |  社会諸物 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |