【旅に出ない若者達?】
2010/05/29(Sat)
100525神大01

最近そんな言葉がメディアから流れて来る。
「本当に旅に出ない若者達が増えているのだろうか?」

そんなこと、旅行会社で大学の傍にいるお前が一番良く知っていることやろ。。。と言われそうだが^^;

学生達に金が無いのは事実。なぜ無いか?
彼らは無いというよりアルバイト時間がなかったり、親からの仕送りにも影響される。

またアルバイトをしていても旅行に使わなくなっているのは。
大学が就職の為の準備機関となりつつある中で、3年生から、いや1年から資格勉強にお金をつぎ込む
そんな学生も増えているのも事実。

ただ、メディアで言われる「貯蓄に回す」と言うのは、さてどうだろう?
でもある学生も言っていた。。。「今は使わずに、いつか使えるものがあるかと」

なんとも経済観念ができた学生達ではないか。
でもそれを私は肯定ばかりはしていられない。
なぜなら、とにかく溜める、そしてその使い方は未知だとすれば。。。ホンマにそんなことできるの?
そんな自分の興味の欲望まで抑えるなどとは、私が若い頃は出来なかったからね。

「貯蓄をしなさい」に対して「使いたいときに使いなさい」
「むやみに使うものではない」に対して「インスピレーションがあった時は実行しなさい」

この相対する言葉を比べると、私は金を使ってでも、絶対。。。後者だね。

ITの普及によって、情報や音楽ソースは今はただ同然の時代。
その中で「何で情報に対する対価を払わねばならないの?」という気持ちが
何の疑問も無く固定化されているのではないだろうか。
昨日のラジオではないけれど、「この役に立った番組に\100!」という風潮は出来ないものか?

それは、サービスに対する報酬がなくなる時代なのか、それとも人と人が繋がり辛くなっているのか、
なんともITがもたらす現実が、人と人が繋がる心まで変えてしまった感もなくはない。

そこで旅。
IT化の中の顔も目も合わせないで、一方通行の断片的な情報の山の中で
ひとり悶々として、ひとり納得して、ひとり悩んでいるのなら。。。
旅に出よう。

少なくとも身体を使って、自分の目で現物を見て触れて、事実に遭遇して、
そして人の心に、お互い触れられるなら。。。それがご縁というものではないだろうかと。
旅というものは形に残らない。だからそんなものに何万も。。。というより、
旅しか味わえない、日常ではありえない成し得ない刺激や体感を求めて、
せっかくの自由な4年間なら、もっと飛び出していって欲しいと、切に願います。

学生達よ。。。もっと遊べ。。。外へ出て遊べ。。。だね

100525神大02
この記事のURL |  縁-旅 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【年に一度のミーティング】
2010/05/27(Thu)
100619ofm02
100619ofm01


すでに10年近く続いている磯釣り?"めじな研究所オフ会"
みんな年とったなぁ・・・^^

もちろん若い方も新たに参加していただいて、末永く続いていけば良いね。

まだ船も宿も空いております。
気楽に誰でも(釣りなしでも)お越しやす!

下は5年前のオフ会風景。。。バタバタの外浦。。。5年も前なんや^^

060702ofm
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【子供のバクチ】
2010/05/18(Tue)
100517_01

昨夜、家族揃ってお好み焼き屋へ。
そのレトロ調(時代考証は45年ほど前の建物)なお好み焼き屋の中で見かけた貼り出し。

"型抜き"

「ふむふむ、やったなぁ、これ」と思いながら、
かつて一枚10円?だった"型抜き"を、2枚100円で購入。

でも自分はせずに、なぜか子供達にやらせた^^
子供の頃の紙芝居のオッチャンが売っていた物なのだが、
四角い小さな菓子の中に、傘の絵や独楽の絵がかたどってある。
上手く型通り切り抜くことが出来れば、かつては何か特別な物がもらえたかと。。。

いわゆる簡単なゲームだが、子供心に「バクチやん」と思えたが、上手いヤツは。。。。いたなぁ^^

100517_02

そういう私は全然上手くなかった。
そして何枚も何枚も、10円出しては紙芝居のオッチャンから買って。。。きりがない^^

オッチャンはそんな子供の金遣いを見かねて、
「ほな、これで最後にしとき。。そんで最後の一枚を、手のひらでバチンと叩き割って、
もし10分割に割れたら、褒美やるわ」と。。。

きっとそこに、紙芝居のオッチャンの優しさがあったのかも。
でもこれまた、10枚に。。。割れへんのやなぁ(笑
この記事のURL |  ひとびと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
【GW最終日】
2010/05/07(Fri)
100505ebs01

快晴で風も穏やかな日和。
5日続いたGWの休みも今日が最終日。
その日しかないと狙ったが、案の定、道路も穏やか日和でスイスイと。。。

20年ほど前なら、最後の休日までしっかり混んでいたはずなのだが、
最近は皆さん、「明日が出勤」となると、出控えますね。
それだけハングリーさが無くなった??豊になり過ぎた?
とでも言っておきましょうか?

もちろんそんな時は磯も空いている。↑
と思って恵比寿へ入る。。。が、
海はウネリも無く良い感じなのだが、風と潮の流れの向きが同じように当てて来て
釣り辛い。でも30弱のメジナを二人で20枚ほど楽しませてもらった。
沖へ流れてくれれば。。。そんな期待感もなさそうなので、場所移動。

100505mtn02

いつもの磯も空いていた。
と思いきや、馴染みのJパパとシュウ君が先客でいらした^^

良型のショウサイフグと大型アカメフグを釣りに来たわけではないけれど。。。
あとはサンノジのオンパレード。
まっ、楽しめたといえば楽しめたが、日没直後にドラグを唸らせてこんな魚も。。。

100505mtn01

食べたぁ~?? 美味かったぁ~?^^

磯釣り入門教室 この日の私達の釣果は こちら
この記事のURL |  磯釣り  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【身体的体験】
2010/05/02(Sun)
100430kgr01

磯釣りを始めて16年にはなるだろうか?
こんな早朝に、荒磯の上に居ること自体、通常は考えにくいのが常かもしれない。

ほぼ5時の日の出は、海の向こうから鮮やかによじ登ってくるかのようで。。。

そしてそれから1時間後の6時頃、なにやら撮影隊の一団が、対岸の浜辺で撮影らしきものを始めた。
そこは誰もが入れる海岸。。。
まだ4月の下旬の早朝に、被写体は若い男性二人の海パン姿。。。薔薇族?「寒そう!!」
(この画像は、私の嗜好にはマッチしないので割愛する)

そして10時頃、またまた対岸を見ると、アリンコが、いや中学生かな?

100430サンドスキー01

それが明確に確認できたのは、デジカメをズームで覗いたから。

斜度は35度はきっとある。そして滑り降りた先はゴロゴロの岩か海。
見る限り、一人残らず砂の斜面てっぺんに、甘い蜜でもあるかのように、
上を目指して登っていく。

100430サンドスキー04

ひとりで滑る者、一つのソリで複数一緒に滑り降りる人も。。。。

100430サンドスキー06

以前にも、ここでこの光景をブログに紹介したのだが、
これほど至近に画像が撮れると、再度載せてみたくなった。
(もしこの学校の方々がご覧になっていたら、お知らせ下さい。画像を差し上げます)

学校や家で、勉強ばかりしていても人はけっして健全ではない。
携帯やゲーム機で、いろんな人達と勝負を挑んだり、架空の自分を作り上げるのも楽しいけれど、
やはりこのアリンコ達のように、スリルと刺激を身体で味わう体感が、
どれほど勇気も希望も、そしてお互いの可能性や繋がりを認め合い作り出せるか。。。

4月朝6時の、公共の場所での裸の薔薇族撮影も、
そして徹夜で車を走らせて、朝4時から崖を下って、波を被りながら磯に立つことも、
目的は違えども、楽を選ばぬ自然の空気の中での体験は、
言語的な空想による架空自己創出とは対極にある、人にとっては必要で大切な
身体的刺激であるはず。

100430kgr03

そして自然の恵み

100430kgr04

磯釣り入門教室 この日の私達の釣果は こちら
この記事のURL |  縁-旅 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |