• 7/19、すでに梅雨明け状態のカラッとした日和に、造園家さんの道を通ってみた。「止まって、見たい、撮ってみたい。。。」そんな思いがありながらも3回通り過ぎる。。でようやく車を止めてみた。何という花かはわからないが、まるで真っ赤な蝶が、群れて飛んでいるかのようでね。日々過ぎ行く中で、その時々の感覚を満たしていくのは無理なこと。だが全てを天秤にかけるより、あてもない無意味な道草をしてみたい。例えば、「こん... 続きを読む
  • 家が、道路を走っている。。。これはミステイク。。。ではなくて、ミスマッチ^^ワールトカップでの審判のミスジャッジについて、機械や科学的判断に頼らず、審判という生身の人の判断に委ねる。そんなFIFAの方針を支持したい。明らかなゴールを、ハンドで阻止した場面もあったが、それはそれレッドカードでありながら、それをPKとするのではなく得点として即認めるルール改正は良いだろう。だが全てをビデオ判定にするのはいかがな... 続きを読む
  • 夏の「晴れの日」とは言ってもまだ梅雨は明けないのだが、この日は湿度も低く雨の気配はなかった。先週もそうだが、私が同行するとなぜか雨は降らない^^でもそんなことをお客様の前で吹聴は出来ない^^式場の庭でのひとときこの新緑と同じように、新郎新婦も清々しい思いで少し緊張気味で。。。新芽と同じように、お二人が太い幹となって、いっぱいのお子さんをと願いたいですね。箱根湯本のホテル河鹿荘にて温泉披露宴。愛媛・京都... 続きを読む
  • 先週のお仕事で立寄った蕎麦専門店。以前から食べてみたかったここの蕎麦なのだが、この店舗の雰囲気も広さも、予想以上のものだった。もちろん店の周りは。。。まさに軽井沢の涼しさがたっぷりだと思いませんか?当方のお客様の第一声が面白かった。「今回の旅行で、これが一番の料理だね^^」さて喜んでいいのかどうか。。。地粉を使った二八蕎麦。もちろん水も浅間山麓の清流なのだが、脱穀から初めて、ここで挽いて、打ってくれ... 続きを読む
  • ここは畑毛温泉"大仙家"(だいせんや)案外と知られていない伊豆の温泉なのだが、年間3000名の湯治の為の固定客がいらっしゃる。派手さもなく海も見えない、背後は里山と向かいは田園なのだ。そんな田舎にたたずむ静かな宿と言っても良い。この館の庭が「ゆっくり休んでらして」と言っているかのようで。。。気に入っちゃいました庭を進むとお稲荷さんがあり、さらに行くと、陶芸の出来る"大仙窯"があった。ゆったりとした時間の中で... 続きを読む
  • この本棚が宿のどこにあるか、わかりますか?ビニールカバーが付いています。。。そう温泉大浴場なんです。男性大浴場は4種類の浴槽(内風呂3つ、露天1つ)その内湯の中の左手前ふたつが加熱していない源泉温泉2種類ひとつは30度 もうひとつは35度風呂は熱いもの。。。そんな観念ってないですか?このぬる湯(ぬるま湯)は、昔から非加熱源泉そのままで利用されているのです。副交感神経を刺激するぬる湯は、身体の自然治癒力を高めて... 続きを読む

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索