スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【久々の社員旅行】
2011/02/27(Sun)
110225hbf01

東静岡駅前のガンダム。。。約150m離れた新幹線から見えるらしい。
しかし我々は真下から見上げてみた。

大仏が如来や菩薩の偶像化なら、ガンダムはテクニックと夢の結晶だろうか。
ただガンダムの下で合掌をする方も、いなくはないかもね。

3/27まで仁王立ちされています。

110225hbf02

ある方のご縁で社員バス旅行をコーディネートさせていただいた。
ガンダム見学はお客様のご所望でした。

幹事様はお忙しい皆さんの業務シフトをやりくりされて、
何とか金曜の午後から出発。。。「より大勢の方の参加を」と、苦肉の策が伺える。

ということで金曜は業務の日で、会社を出発してもバス内のアルコールは禁なのです。

10年ぶりの社員旅行となれば、「初めての体験」の方も半数以上はおられたはず。
でもね、しらふでもバスの中のノリはすこぶる良い。
「良いですねぇ しらふでもこの雰囲気。。。」と思わずマイクで口走ってしまった。

それだけで、この企業の社風も社員の方の体質も、なぜかわかってしまうのです。

ご宴会は、多彩なプログラムで、プロジェクターやスクリーンも使った演出もあり
個々にスポットを当てる企画あり、もちろん馬鹿げたお遊びも満載で、
間が開くような隙間がなかった。

これぞ社員の絆か。。。
そんな普段は見れないそれぞれの方の素顔画も見れて、
お互いが何らかの刺激を、この旅行で受けられたことに間違いはないだろう。

あとは寝るだけ。。。でも睡眠2時間もない方も、チラホラ
翌日のバスの中で居眠りをするあの瞬間。。。なんとも気持ち良いよね。

旅行での体験ほど。。かけがえのない体験かも ですね。
スポンサーサイト
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【バイク事故と損保会社】
2011/02/22(Tue)
110130富士川

私ではないが、息子がバイクで事故った。
2月上旬のことだが、救急車の中から息子から私に電話で
「事故った、顎がパックリ。。」と。

親として心配もするが、やはりバイクでの事故は覚悟していた。
ただ顔の裂傷だけみたいで、「男なら。。傷のひとつぐらい」とも思ったが、
さてどれほどの裂傷なのか。。。正直、気になった。

その後何とか5針の縫合で済んだみたいだが、事故の相手が100%の非を認められたので
他人に危害を及ぼしたわけではないし、一安心。

しかし気になったのは、相手方の損保会社の対応だった。
事故担当の男性は、まるで高校生が話すかのような口調でたどたどしい。

親である私との会話にも、主旨も通じなければ言葉づかいも礼節を欠いていると思った。
私は「あなたのために言うけれど、もう少し言葉づかいに気をつけて下さいね」と
叱咤激励。

今は代理店という存在を省き、親会社である損保会社は身軽になることに躍起のようだ。
ネットでの直販や、料金勝負が生きる道なのだろうか。

そんな中での事故の当事者となった今、「やはりこの対応では、被害者の怒りを買うかも」
とも思った。
「我々は被害者の常連ではない、なのにそんな説明しかできないの?」
「あなた達はいつもの仕事で、早く事務的に、事を進めたいのかもしれないが。。」

そんな損保会社の内情をさらによく知っている方に、この話をすると、
「今は話し方の教育もなされないですよ。いきなりここに配属で、大した研修もなく」と。

会社の存続には仕方がないのかもしれないが、
綺麗ごとのCMだけではわからない。
当事者になって初めて。。。ひどいものだと。

代理店とは、身体も使えば直にお客様の元へ脚も運んで対応してきたのだが、
これだけ直販傾向が進むと、日本の古き良き心遣いや礼節が失われますね。

顔の裂傷だけで済んだからいいようなものの。。。

それとも日本の金融業界は、あまりにも性急な世界進出のための体制を
求めたりしているのだろうか?

日本の良さをかなぐり捨てた世界進出は、日本を見放した日本の会社となっていくのだろうか。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
【風呂の給湯器】
2011/02/18(Fri)
B767-300

先日の仕事の際に使わせていただきました。。。航空機のシート
かなり快適でしたが、一度使うと病み付きになりそう。

そんな「一度は使ってみて!」とか「初回無料!」とか「一回食べてみて!」という手法が
流行ですね。
それもかなり有効な手段かと。。。思ってしまいます。
デフレの世の中でも、人の心理を上手く使ってますね。

去年の暮れから風呂の給湯器が不機嫌でした。
16年ものですから、やむを得ないのかと。。。

家のものが東京ガスに聞いたところ、新たに設置で40数万。
高いぃぃぃ と思っていながら1か月ほどだましだまし使って、
いよいよ1月末に古い給湯器は使えない状態に。。。

その1か月間、何かふに落ちなくて。。。
40数万の倍額は90万・・・とふと考えたら、車が買える、とね。

だが家のものは、「具合が悪い時にはすぐに来てくれるところがいいから」
と40万やむなしの意見。
またネットは信用できないから。。。と

いやいや、なんかおかしいと私。
給湯器の大きさだけではないが、車の半分も、今時するの???
(あくまでも感性の問題)

ネットで調べたら、約半額の見積もり。
大企業さんでなくとも、テレビCMができない町のガス屋さんも、ネットで頑張ってますね。

また会社の近所の町のガス屋さんに聞いても同じ半額ぐらい。。。
中小企業。。。応援したい気持ちになりました。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。