【死を意識して19年】
2011/04/25(Mon)
050724izu

その時。。。

田中好子さんは36歳  私は38歳

19年前から彼女は死を意識していたのかも

そして それ以後 与えることをしてきたのだろうと

テレビで、いろんな方の彼女の思い出話を聞くほどに

「余生を精いっぱい生きよう」と そして「これからは奪うのではなく与えられれば。。」

そんな彼女の隠れた姿が目に浮かぶ


春一番は    私が22歳
微笑みがえしは 私が24歳

微笑みがえしは、私が単身上京する際の印象的な曲だった

画像は 彼女を花に例えるなら こんな花だったように思う

いっぱい与えてもらいました
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【生きているから苦しいのだ】
2011/04/24(Sun)
110424どうだんつつじ

生きているから、病気もする、怪我もする。
生きているから、楽しくもあり、嬉しくもある。
生きているから、悲しくもなり、辛いのだ。

そして生きているから、死という状態も現実の自分。

死を織り込んで、生きているだろうか。
必ず死が訪れることに、目をつむってはいないだろうか。


 空気の中にいるから 空気を意識しない
 歩くときに 足を意識しない
・・・『にんげんだもの』(相田みつを)より


 常識にとらわれず、ドキドキしながら、一瞬一瞬を生きる
・・・岡本太郎


 良し悪しを判断する前に、本当の自分の意識と対話しよう。
・・・伊勢谷友介


 時間は単なる幻想。人が作り出した基準。
 楽しい時は短く、辛い時は長い。
 スケジュールよりしたいことをしているか否か。 それが若い秘訣かも。
・・・須藤元気

 オレとオマエのあいだでは、「情報の意味内容」なんぞが伝達されているわけではない。
 二人が伝え合ったのは「刺激」、おそらく官能的な、もしくは知的な刺激であり、
 それ以上でも以下でもないのである。
・・・『ネットとリアルの間』西垣通



全てに原因があって結果があり、すべてのものは関わり合っていて、独立自存しているものはない。
すべて関わり合いの中で生じたり滅したりしている。そこに実体的なものはない。

それは絶えず変化する無常であり、刹那・瞬間・一瞬、そして今を生きる辛さ、
いや辛いのは世間体の中でのことと考えるなら、お陰様で生かされていることを、楽しむことか。

画像は、今年も目いっぱいの花をつけてくれた「どうだんつつじ」
こんな可憐な花とて、人が樹を植え、雨が水をもたらし、そして太陽が恵を与えて、今があるよな。

110424どうだんつつじ02
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【エゴと如実知見】
2011/04/16(Sat)
101116kgr

ニュースの中で、
「過去を思い出しても戻らぬこと、未来を望んでもそれは不確かなこと、なら、今を今として、やるしかない」
子供の手を握った 若きお父さんのその顔に、悲壮感もなく焦りもなく、穏やかで微笑みさえも 垣間見れた。

そこまで言わしめるもの、そしてあの迷いのない顔に、いやそれだけではなく
その周りの方々の顔も、同じか あるいはそれ以上の 笑顔で。。。

「今を生きている。。。」 そのものズバリ だと感じた。

ある方の話を思い出す。

「人は直接的なとても大きな体験を、如実に見たり体験したりすると、自己のエゴが壊れる」

「間近で身近な人の死に直面した人ほど、自分の周りの人やお世話になった人のことに目を向ける」

「人はいつかは死ぬ、それを直接体験した人は、自己中心的ではなく エゴから解放されていきます」。。と

本来の死生観とは、勉学や知識ではなく、死を体験した人でないと保持しえないものなのか。
今の日本こそ、「あなたは余命3か月です」と言われて、知恵も出せれば
「今を精いっぱい生きる」ことへの 試練を与えられているかのようで。。。

自然のすべり台。。。子供達には絶望より 希望がよく似合う。
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【身体を動かす】
2011/04/04(Mon)
110403mtn02

磯釣り入門教室へ行ってきた。
リピーターの方お二人と共に、やや寒い中だったがそれぞれの体験を。。。

私と言えば、日々ニュースに釘付け状態の身体を、外で一日晒してみたりして。

一人の方は、磯釣り用の竿もリールを初めて調達されて、
現地に着いたときは、まだ包装を開封もされずに、、、まっさら
きっと今後も大切にされることと思います。

あいにく風と潮が逆の動きで釣り辛かったが、何とか全員が大きく竿を曲げられた。
それだけでも楽しいと言っていただけるのは、とてもうれし限りでね。

晴れていればもっと良かったのだが、
身体を使って野外で夢中になれただけでも、一切を悩まずに自然の魚と対面できただけでも、
新鮮なリフレッシュです。

110403mtn03

110403元根04

(この日の釣果レポートはこちらへ)
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【海釣り公園メガフロート】
2011/04/02(Sat)
110316清水

3/16 偶然撮影した画像だが、
写真中央の「海釣り公園メガフロート」

もう原子力は、、、要らない

だが海釣り公園は、、、また作って欲しい

たとえ鉄のフロートでも、その尊さと感謝に値する人格を、与えてあげたい
この記事のURL |  社会諸物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |