• 以前にも記事の中で述べた妙蓮寺の石堂書店の試み。上のチラシは講演会でもあるのだろうが、そのスペースも先日拝見させていただいた。しかしそのスペースは、20㎡もないのでは?先代のご主人曰く「以前も実施したのですが、皆さん入りきれなくてご迷惑おかけしました」と。雨でない限り、外でもいいから聴いてみたい気がする。今回の講演題目は本の題目であり、その著者の生の声を聞かせてくれる。「新聞・テレビは信頼を取り戻せ... 続きを読む
  • (上の画像は、2007年10月 南三陸ホテル観洋から撮った志津川湾)たまたま 本を読んでいた。「計画と無計画の間」(三島 邦弘著)「小商いのすすめ」(平川 克美著)たまたま 客人の話を聴いた。(近所のオッサンから聞いた新聞記事)たままた 新聞ネタを拾って読んだ。「日経WEB 仕事はあるが集まらない 被災地雇用の現実」たまたま 検索してみた。「内田 樹」たまたま Youtubeを観た。「池田 晶子」たまたま いろんなことが繋が... 続きを読む
  • 先日の羽田空港。春霞でかすんでいるが、なぜか撮ってしまった。心の中では、「今話題の建造物が 2箇所同時に見て取れるやん!」子供の頃から、テレビに出ているものは憧れだった。そしてあたりまえのように「俺も見てみたい、触ってみたい、乗ってみたい」と。だが、今となっては 「ここからも見えるんや。。。でも飛行機がぶつからんやろか。。。」空港周辺に高い建物はない。それが空港なのだが、ちょっと航路がそれれば「やば... 続きを読む
  • 私のようなオッサンではなく 「おっさん」「おっさん」とは 私の感覚では 「自分ちの寺のお坊さん」を意味する。また「ぼんさん」や「ぼうず」とは格段に違う、丁寧で尊敬をも意味する代名詞。そんな風に捉えている。お父さん・お母さん・お兄さん全て「お」がついているが、お妹さん・お弟さんとは決して言わない。お弟子さんはいうね。。。目上の方々への言葉には、たいてい「お」がついているでは「おっさん」とは、、、私の... 続きを読む
  • 画像は12年前のカズヒロさん。まだ学生だったが、彼の友人と共にテネシー州のナッシュビルとメンフィスへ。ロカビリーが大好きな二人だった。そんな彼は、今は既に結婚して、とても仲の良いご婦人二人で、伊豆稲取温泉の宿泊を申し込んでいただいた。そして「磯釣りもしたい もちろん二人で」と。休憩中さんにも御足労願い、4人でいざ。幸いにも旦那の竿が先に大きく弧を描いてくれた。なぜ幸いにもかと言えば、そこは旦那への思... 続きを読む
  • 3月7日 今年の河津のさくらは、半月以上遅い満開になった。この樹は特に赤味が強く、毎年見ても「はっ・・」とさせられる。それだけ冬はグレーやブラウンの季節なのだろう。これもひとつの落差で、冷たい冬の空気が次第に生温かくなり、それを肌で感じながらまた眼で、このさくら色を味わうと、私の五感は「春が息づいている」と無意識に味わっている。あとは、桜鯛を釣るのみ・・・ではなく、春の海に遊ばせてもらう、と言った方... 続きを読む

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索