【好きな和歌山】
2012/05/29(Tue)
120528和歌山マリーナシティ02

急な出張で紀州へ。
ロイヤルパインズホテルへお世話になり、朝ホテルルームから見たマリーナのロケーション。

120528和歌山大崎釣り公園

仕事なのだが、ついこんなところへ出向いてしまう。
幸いに五月晴れで釣り人達も気持ちよさそう。
ここは下津の大崎釣り公園。

120528新和歌浦01

新和歌浦の奇岩「蓬莱岩」
懐かしいロケーションだ。
40年ぶりかもしれないが、かつてよりなぜか海が綺麗に見える。

そしてまた・・・

120528新和歌浦02

蓬莱岩の磯場もパチり・・・

120527泉南夕景

和歌山も日本の夕景100選に入っているが、ここは大阪湾。
・・・夜釣りならきっと大きなチヌが・・・

120529新東名上り

夜行で帰りの新東名の夜明け。

自然も全てが移り変わるものだが、人工物も例外ではない。
紀州は紀伊半島や大台ケ原という奥深い山々があり、そこからの自然の恵みが海へ注ぎ込まれる。

和歌山とて景気低迷の波はもろに受けて入るだろうが、紀州は紀州のままで豊かな自然を宝にして、
今後も静かに息づいていて欲しいものだ。

また新東名から見える谷戸の山村や民家も、見る限りは静かなたたずまいを見せていた。
しかしけっして静かなままではいられないだろうと、申し訳ない気分にさえなってしまった。
この記事のURL |  旅 和歌山 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【皐月の磯釣り入門教室】
2012/05/15(Tue)
120513南伊豆地磯01

好きな潮目。
次第にその流れは早く。ワクワクする瞬間。

皐月の磯はとても気持ち良い。
GW直後の週末は、道路も毎年空いている。
のんびりと優美な磯だ。

120513南伊豆地磯02

そんな中での磯釣りは、地磯でもまるで沖磯のような雰囲気さえかもし出す時がある。
それがこの画像。

120513南伊豆地磯04

奥の磯ではカゴ釣りの方も入ってらした。

120513南伊豆地磯05

自前のおにぎりとタマゴ焼き。
ここでゆっくり、潮風に吹かれて味わえたら。。。立派な磯釣り師。
でもつい早飲み込みで、胸につかえるようだったら、焦りの証拠。
タマゴ焼きの右上をかじって、そのあとカメラに撮っているあたり、私もまだまだだね。
遊びも釣りも、メリハリを付けたいところです。

(この日の私達の釣果はこちらへ)
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【房総の磯】
2012/05/08(Tue)
120506房総勝浦01

房総の磯は良く知らない。なので少し下見へ。
この画像は沖磯を遠景で撮ってみた↓。。。が

120506房総勝浦02

渡船代払ってまで、この磯には乗りたくはないなぁ。
画像を撮ったこのへさきにも、地磯釣行か、ウェーダーとチャランボ持参の釣り人がいらした。

あいにく5/6は、北関東で大きな竜巻が発生した日。
寒気流入の影響で、上昇気流とともに海も荒れ、風も強かった。

もちろん地磯も大サラシで、波しぶきを被る覚悟なら磯釣りもできたが。。。
その根性はない。

もっぱら港や港の小場所を狙って。。。
竿を出したり何度か餌を撒いたりしてみたが、フグの猛攻は収まらない。

120506南房総01_900

そこでメジナ場らしき、潮が澄んで岩礁帯のある港を発見。
案の定フグ君は控えめで、木っ端メジナが湧いてくる。
ポツポツと足裏サイズも見え隠れしながら遊べた。

さてこの日はスーパー満月の日。
確かに大きくて明るかったね。
そんな大きな月が登る夕間詰に、良型のアジが5枚ほど食ってきたのも印象深かった。

ほんとに小場所なのだが、潮と時間を狙えば。。。楽しいかも。
もちろん1.5時間ほどの雷雲を避け、車での仮眠も助かった。
小場所ならでわの便利さも良いよね。

下記の画像はスーパームーンではなく、小場所からの夕景。
上昇気流の嵐のち。。。晴れ。

120506房総白浜01

(この日の私達の釣果はこちらへ)
この記事のURL |  磯釣り  | CM(4) | TB(0) | ▲ top
【遊びは悪?】
2012/05/02(Wed)
120429サンドスキー場

世の中あまりに「経済成長」や「国の発展」を意識し過ぎでは?
それを数値化して、我々の尻を叩いているとさえ思ってしまう。

官僚・政治家・そしてマスコミ

さてGWの磯釣り。。。いつものように出かけてみた。
そんな中での上の光景。
大人も子供も、自然の砂の丘という造形の中ではしゃいでいるのは、なんともアクがない。

管理されているわけでもなく、みんながそれぞれの領域で楽しんでいる。
危険もあれば恐怖心もあり、また登る苦労もあれば滑る快感も知っているのだ。

良いですねぇこんな光景。大好きです。
(You Tubeはこちらからどうぞ。)

ふと海に目をやると。。。

120429サーファー

今度はボードで海上散歩。。。
我々の竿を貸してあげたいぐらい。
「ねぇ この竿でそこで釣ってよ。。。こっちが餌撒くからさ」とね。
磯釣り師とサーファーとのコラボだ。

遊びの中からいろんな発想が出るものだと思う。
そしてそれを実際に試してみる。
そんな中でいろんなものが創造されてきた。

フェイスブックだって、ハーバードの学生が女の品評をするために作ったプログラム。
(海上散歩のYou Tubeはこちらから)

そしておまけは。。。やはり。。。

120429伊豆下田磯釣り03

(磯釣りのYou Tubeはこちらから)

(この日の私達の釣果はこちらへ)
この記事のURL |  ひとびと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |