【金メダルより、あなたの見事な胴が金】
2012/07/30(Mon)
鮮やかに相手の身体が宙を舞う。
判定ばかりの結果より、海老沼さんの見事な技を見せてもらえた嬉しさが金メダル。

さて、相変わらず夕刻から夜の釣りに出かけた。
夜釣りの結果は以下の通り。

120728mtn01_650

あまりこんな画像は出したくはないのだが、夜の撮影がままならないので。。ここで。

画像の中の左のメイチダイ。この魚はあまり魚屋さんにも出てこない。
地元の方は、メイチを狙って釣りに来るほどだ。
その身は絞まっていて甘みもありなかなかの美味。
もちろん刺身や焼きでもよい。

120728toj02_650

Sさんも今や勢いがある。
夕刻前の太陽が山に隠れた頃に次々と。。。

120728tpj03_650

一級磯でもなんでもないところで、サクッと釣ってしまった。
いろんな経験が釣り方の幅を広げます。
それはそれで金メダルですね。

人それぞれの金メダルは、本人以外に大きな感動をもたらしますね。
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【夏は潮湯治】
2012/07/30(Mon)
120724恵比寿島

小学生高学年ころからニキビがひどかった。
子供にとってみれば、痒い、気持ち悪い、かっこ悪い・・・
その前までは、「肌が白くてきれいやなぁ、まるで女の子の肌みたい」なんて言われていたのだが。

親がいろんな皮膚科へ連れて行くも、大した効果はなし。
リンデロンというステロイド系の強い薬を、ほんとに薄く付けていたのだが。。。
現代の皮膚科へそれを告げると「そんなことしていたのはとんでもない間違い」と叱られる。
顔には強すぎる薬なのだ。

多感な中学・高校時代では、脂性でニキビだらけの顔が恥ずかしかった。
その感情は逆に、相手の顔を直視しないということに事に繋がっていく。
ある意味、内向的で自分だけ輪の中から外れていく、そんな思考かもしれない。

そのお蔭で顔の汗腺、はステロイドでほとんど消滅?顔に汗をかくというより、脂をかく?
また内向的な性格も相変わらず残っていたのだろう。

だがそんな体質も仕方のないこと。
世の中にはもっと不自由で多難な身体を克服している人はいっぱいいるはず。
そう思えるようになったのは30代ぐらいからだろうか。

そして今は、顔には出ないが、背中のブツブツがいっぱいで、特に夏は悲惨な状態。

ただそれを薬で解消する以外に、ひとつ体感として効果のあるものがあった。

それは・・・海水浴。

海水の潮水に身体を浸けて、太陽の赤外線で皮膚を焼く。
もちろん皮も剥けるが、潮水+日焼け それが私にはすこぶる調子が良い。
痒くもないし、身体がベトベトしないことはもちろん、よく海で泳いだ歳の冬は、
風邪も引きにくくなっていた。

かれこれ48年の中での経験、それが私の体験と体感による対処法でもある。
 
そしてそれは 「潮浴み」(しおゆあみ) や 「潮湯治」といった古くからの
自然の中での治癒方法というものに繋がるのではないかと思えたほどでもある。

いろんな不具合はみんな持っているもの。
全てが完全ではありえないし、そんな劣等感もまた、振り返れば様々な功罪を生み、
いろんな体験をするというものだ。

今時、紫外線という言葉は、うるさいほど耳に付く。
だが私にとって太陽の光と海の効能は、
紫外線以上に大切でありがたいものと言わざるを得ないのが、経験の上で言えること。

7/24はまだ23℃の海水が冷たくて、少し暖かいタイドプールに身体を浸し、
そしてまた1週間後に、25℃近い海水の中で、様々な魚を見ながらシュノーケリング。

120728toj潮湯治

横浜港で身体を浸す気にはなれないが、また行ってみよう、暑い夏の綺麗な海へ。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【真夏の磯釣り】
2012/07/26(Thu)
120723恵比寿02_900

この暑い真夏に 磯釣り? とはいうものの、これまた現地へ行ってみなければわからない。
梅雨明けしても海水温はまだ22・23℃、海水浴には正直まだ冷たい。
 
そんな海洋性気候もあるだろうが、案外と涼しかった。
もちろん午後4時からの実釣で時間も考慮はしたが、中潮の潮位が案外と高く、
しばらく竿を出すものの、波をかぶってしまう。

恵比寿島をあきらめ、場所移動。

汗をかきながら重い荷物を持って磯へ入るか、あるいは堤防で楽に夜に突入するか。
お客様の判断で、期待は薄いが安全で楽な堤防へ。
もちろん私なら、磯へ・・・だが、この日のこの堤防にも期待感はあった。

120723toj02_900

その期待感とは、時間的に高潮位が期待できるため。
欲を言えば、堤防の外海が荒れていればなお良しだったのだが、相手は自然。
可能な範囲で、出来る最善の策を試みる・・・まるで節電実施と同じ感覚でもある。

120723toj_600

そんな中であがったクロダイ。
40オーバーの見事なクロダイだ。
もちろん釣ったのはお客様。。。何よりうれしい1枚。

120723恵比寿島01_900

磯と海水面の高さがほぼ変わらない。
ときには海はこの磯を容易に飲み込むのだが、そんな中でのひと時の穏やかな光景。

人為的なことでこの自然を壊してはいけないはずだが、
獲物ばかりを欲しがっていても、釣りは楽しくはない。

120724ebs01_600

友達に 勝手になった ヤドカリ君
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【裾野でグランドゴルフ】
2012/07/10(Tue)
120708グランドゴルフ

日帰り旅行
富士の裾野でグランドゴルフ。

ある町内会のお客様だが、団体でグランドゴルフも楽しいものだ。
独りでするとなると気が乗らなくても、競技としてプランニングすると
これまた張り合いが出て、皆さん夢中になってやってらした。

120708グランドゴルフ02


あいにくの小雨の中でも。。。ね

ただ一様に、「日頃している学校のグランドとは違って、やはり芝は良いねぇ」と。
アンジュレーションもあって、ラインの読みが重要だ。総じて転がらない。

そして温泉へ入られて、ゆっくり宴会場で昼食。
とにかくここの会長さん、漫談師の如く面白い。
そんな楽しいリーダーがいらっしゃる町会は、きっと全てにおいて躍動的だと思う。

120708駿河湾沼津SA

帰りはちょっと寄り道をして、駿河湾沼津SAへ。遠くに伊豆の大瀬崎やその奥の戸田が見える。
この記事のURL |  旅 伊豆 函南 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |