【スポーツ鬼ごっこ】
2012/08/30(Thu)
120828スポーツ鬼ごっこ

鬼ごっこ。
場所は越後湯沢のスポーツ公園。

子供の頃は遊びの定番だったが、いつ頃からしなくなったのだろう。
思春期ぐらい・・・からか?
だがそれ以後も面白さは、しっかり身体から脳に記憶されている。
なぜなら身体を使った遊びで、感覚も刺激も残されているからだ。

ではなぜ大人になるにつれ、鬼ごっこをしなくなったのか・・・
鬼ごっこは子供の遊び、そんな意識が次第にメンバーを減らしていったのかもしれない。
またそれぞれが、自分の得意なスポーツや嗜好に向かって、散らばってしまったのだろう。

単に懐かしいとか、思い出深いとかではなく、
わけへだてなくみんなと夢中になれたことを忘れられなくて。。。
またしてみたい。。。それが鬼ごっこ。

120828スポーツ鬼ごっこ01

鬼ごっこのみならず、一番印象に残っているのは、陣取り合戦。
だがそのルールも、詳細までは思い出せない。

そこで見つけたスポーツ鬼ごっこ。(宝取り鬼ごっこ)
「一般社団法人 ごっこ協会」
http://www.onigokko.or.jp/index.html

今回初めて試験的に取り入れてみた。
大学生130人のワークキャンプでのメニューのひとつとして。

大学生の感想は・・・
「必死になった」「面白かった」「一途に宝物を取りに行った」「案外と激しかった」
そして「もっとチームワークを駆使して、作戦を練らねば・・・」

120830スポーツ鬼ごっこ03

バレーボールもサッカーもキックベースも、全て一つのボールが中心になる。
だがこのゲームはいろんな空間で変化が起きる。だが全体も把握しなければ勝てない。
子供の頃、自分の知らないところで変化が起きていた、そんな場面もありうるのだ。

ボールを操る卓越した技術は要らない。俊敏なひとりがいくら張り切っても無理。
必要なのはチーム全員の作戦とバリエーション、
また相手チームの動きに合わせた素早い戦術の変化が必要だ。

そして老いも若きも、男も女も、誰でも同じチームでコミュニティが作れる。
そんな小さいコミュニティであっても、中身が濃く、声も出して、
身体を使って、一人ひとりがチームワークを体感できる。
ドラスチックな思考でかつ爽快感のある遊びだと思う。
この記事のURL |  旅 新潟 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【租税教育】
2012/08/23(Thu)
120819東京ゲートブリッジ01

租税教育のプログラムを検討中。
公共事業を実際に見て触れて体験して、租税の流れや意識を実感する・・・そんな観点から。
羽田税関・日本科学未来館・ゲートブリッジ、そんなコースで下見をしてきた。

東京ゲートブリッジから東方面の東京湾を撮る。


120819東京ゲートブリッジ02

そのすぐ北側には、見るからに土砂降りの分厚い積乱雲。千葉・成田方面だろうか。

画像手前の緑地帯は、広大な若洲公園。


120819羽田空港01

羽田空港 国際線 展望台より。

A滑走路とB滑走路からの、2機ほぼ同時離陸。


120819京浜島02

手前がB滑走路への着陸。その向こうにD海上滑走路へ着陸する航空機が見える。

京浜島へも寄って撮ってみた。

大変だね・・・4本の滑走路をフルに使って・・・・

ただ空が心配というより、離陸・着陸を4本の滑走路の中でいろんな物が移動する、

そんな地上の移動も気になるよ。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【節電は?】
2012/08/17(Fri)
080828 栗

2008年8月の画像。
青い栗・・・でもなんで緑の栗とは言わないんやろ?

昨日深夜のビジネスニュース
「原発が動かないと 日本の産業の空洞化が進む」
そんなご発言の証券会社のアナリスト?

まだそんな言い訳、言わはるんや。。。

まっ そのお方も自分のこの利益は確保しないとね。
ただ、嘘はアカンね。

ところで東電も関電も、節電の結果はどないやねん???
マスメディアとて 「今日は今年一番の暑さ。。38度」とかなんとか。
もう立秋は過ぎましたけど。。。
正確な消費と供給量は公表しないんですね。

庶民の節電こそ、「Mottainai」こそ 発電やと思うけどな。

マルクスのいう「資本による労働力の搾取」は、今まさに顕著に続いている。
そんな実感がアリアリしてまんねん。

雨降って地固まる・・・栗も落ちて 茶色くなる
日本はいつ熟してくるんやろ。
この記事のURL |  未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【今年の夏こそ】
2012/08/14(Tue)
120801羽田01

ロンドンオリンピックから・・・いろいろと与えてもらった。

原爆投下から・・・67年目だが、今となれば私の生まれるたかだか9年前のこと。

終戦記念日から・・・敗戦記念日とは言わないな。

命日・・・夏はなぜか明るさと辛さが混じる そんな季節。

お盆・・・年に一度の怪しい夜。

東北震災から・・・1年と半年。この夏こそ変わらねばならないのに。

takeshi school

この画像のみなさんが18歳なら 時は1938年。この3年後にはパールハーバーだ。
ほとんどの方が召集され南方へ満州へ。。。だがその友の詳細は父の口からは出てこなかった。

父は祝日には国旗を掲げ、靖国にも出向いていた。

だがそれは、個の若き日を生きた証であったのだろう。
けっしてこの国の誤った戦争を、賛美したり懐かしんだりするものではなかった。
そこには戦時の身近な友や知人に対する人間味溢れる思いやりだったかと。。。

社会とは、この理想や思いとは異なる方向へ行かざるをえないのか。
個が形成する社会ほど理不尽で不合理であることを再認識もするのだが、
真実はなんなのか。。。そろそろ目を覚ましたい。

ロンドンでのチームは日本の他を敵対視しない特質と協調性と、
そして個の意思の強さを見せつけてくれた。

昨年の3.11はそんな日本のロンドンに何かを与えたはずだと思う。

自然の災害と核の過ちという如実知見を肝に銘じ、貴重な先人の五感と体感を活かしたいものだ。
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【夏の空】
2012/08/04(Sat)
120801air01_900

梅雨明け1週間。。。そんな言葉もここ数年は経験していない。
この日はすでに梅雨明けから2週間は経っていた。ようやく夏らしい空だ。

子供の頃のあの清々しい夏空の感覚が蘇る。
(清々しさの半分は、長い夏休みに入ったことの気分も大きい)



120801air03_900

蒸し暑く湿気が多い夏なのに、なぜか突き抜けるようなブルーの空と夏の真っ白な雲の輝き。
そんな空と雲を久々にみたような気がした。

この日は南の台風のおかげで、そこそこ風があったことも大きく影響していたのだろう。



120801air02_900

それも八ヶ岳からその向こうには乗鞍から北アルプスを望む。



120801air04_900

ついでに頂上もお釜も。

夏の空から地上を見ても、やはり透明感はあった。
冬のそれとは異なっていても、地上は夏休みと思うと、冬よりなぜか明るい気がした。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |