スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【温泉結婚披露宴 会津若松 その2】
2012/11/29(Thu)
121124温泉結婚披露宴04

会津若松市内の蚕養国(こがいくに)神社での挙式も慣行。

ここは私自身も初めてお邪魔する神社。

こちらを選んだ理由は、神社の入口から境内まで平坦であったから。

式が終わって外へ出ると、それまでの雨も上がって。。。みなさんでお迎え。

社殿も社内建物も見事な神社で、快く挙式を執り行わせていただき、蚕養の神様に感謝。




121124温泉結婚披露宴01

黄色いもみじの落葉が綺麗で、そんな赤い毛氈ならぬもみじ舞台で記念写真も。




121124温泉結婚披露宴03

会津東山温泉「瀧の湯」へ戻り さぁ披露宴、というか大宴会。

硬い礼服やドレスではなく、みなさんほとんど浴衣。

それが温泉結婚披露宴の一番の特徴なのです。

そしていくら飲んだくれても、あとは・・・寝るだけ。



121124温泉結婚披露宴03

老いも若きもかなり盛り上がっていただけました。

今まで親類縁者の方でも、舞台までは上がらなかった方が、このように・・・

温泉披露宴ならでわのリラックス感でしょうか、親族の方々の繋がりもさらに深まったことでしょう。

幼いころから大勢の親戚の中で育ってこられた新郎新婦も、そんな姿にびっくりされていたようです。

こんな広間でのみなさん車座になれるから、いつもにはない、みなさんの新たなお顔が垣間見れますね。

さてお二人様、NYで風邪など引かずお元気にされているでしょうか。

あらためておめでとうございます。また大変お疲れ様でした。

新郎新婦も素敵でしたが、でもお母さんもたけちゃんも最高!!
スポンサーサイト
この記事のURL |  旅 温泉結婚披露宴 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【温泉結婚披露宴 会津若松 その1】
2012/11/28(Wed)
121123会津若松01

画像は鶴ヶ城。

晴れているが前日の11月23日挙式と披露宴は雨模様だった。

さすがに会津、横浜からすれば冬が近い。

身が引き締まる思いでアテンドさせていただきました。



121123会津若松02

ただこの画像のように、会津盆地の山裾もまだまだ紅葉が綺麗でね。



121123会津東山瀧の湯01

私も前日からホテルへ入り。。。上の画像は会津東山温泉「瀧の湯」での一枚。

会津東山温泉は湯川に沿ってホテルが並ぶ。

「瀧の湯」もその湯川に沿って立っているのだが、

川を挟んだ向こう側に能舞台がある。

夜9時からの東山芸妓衆による演舞と地元のおばあちゃんによる語り部がある。

11月下旬にもなると少し寒々しいが、ホテルのラウンジにて温かく正面から見れる。

明日は雨模様かもしれないが、温かいお湯とおもてなしがあれば。。。そう思った。



121124瀧の湯02

瀧の湯の露天風呂から撮った湯川の秋の風情
この記事のURL |  旅 温泉結婚披露宴 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【華麗なるインド神話の世界】
2012/11/13(Tue)
121113ユーラシア文化館特別展01

2013年の1月14日まで開催されている。
場所は横浜は関内の日本大通り近くの 横浜ユーラシア文化館

初めてインドネシアはバリ島へ添乗で行った時、バリヒンドゥーのバロンダンスを見て、
「日本の獅子舞となんか似ているなぁ」と直感的に思った。
「獅子舞のルーツかも」とも。

今回は本場インドのヒンドゥー神話を魅力たっぷりに伝えてくれるようだ。
日印国交樹立60周年記念らしいが、案外とヒンドゥー神話と日本昔話は似ている気がする。

121113ユーラシア文化館特別展02

毘沙門天、弁財天、帝釈天、そして鬼子母神。。。
ヒンドゥー神話ではないかもしれないが、確認したくなった。
クリシュナ、サラスヴァティー、ヴィシュヌ、ドゥルガー、シヴァの神々・・・聞いたことがあるんよ。
もちろん仏陀を守る神々という観点からもね。

大人300円 高校生・中学生・小学生は無料
ギャラリートークや講演会、ワークショップも予定されています。

詳しくは横浜ユーラシア文化館のサイトへ
http://www.eurasia.city.yokohama.jp/
この記事のURL |  旅 神奈川(横浜) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【秋の回遊魚】
2012/11/12(Mon)
121110_08_1200

まだ海水温も20℃以上、キラキラの海。
磯の魚は小魚も活性は高いが、やはり季節は回遊魚(青物)を連れて来てくれた。


121110_02_1200

嬉しい回遊魚だが、汗もかけば利き腕(右)の腕も指も痛くなる。
短時間に連続10回も掛ければ、、、、、くたびれる。
でも嬉しい悲鳴だね。


121110_05_900

“秋の陽はつるべ落とし”まだ3時前なのにお日様はこの位地なのだ。
街にいると、太陽の高さなんて、見えないよね。


121110_01_900

釣り場所を替えて、珍しいツーショット。
これも回遊魚のおかげ?


121110_08_1200

しぶしぶのウキ。
水面をやや切って水中に浮かぶウキ。
今にも魚が、この浮力を消したウキを持って行きそうでね。


121110_07_900

クロダイは回遊魚ではなく年間通して釣れるが、若くて綺麗なチヌだった。

(この日の私達の釣果はこちらへ)
この記事のURL |  磯釣り  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【秋のフグ】
2012/11/06(Tue)
121104飛行機雲

フグの画像ではなく、飛行機雲。
上空は湿気はあっても、快晴で無風の凪。

連休後半の日曜日は道路も磯も空いていて良い。
だがいつもの海にはフグばかりだった。


121104南伊豆地磯02

そんな中でかけていただいた良型の魚。
そのパワーも竿の曲がりも堪能していただければ嬉しいものだ。



121104南伊豆地磯03

小さいがオナガメジナ。この日はほとんどがオナガだった。
30㎝ほどのアジもシマアジも釣れたのだが、フグの猛攻の中でのオナガ。



121104南伊豆地磯01

とにかく空も高く綺麗だった。。。が、フグも大漁の釣り日和でした。

(この日の私達の釣果はこちらへ)
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【租税教室行ってきました】
2012/11/01(Thu)
121029横浜税関

地元横浜税関本関展示室へ。
ビデオ説明もしていただいたが、ここでは輸入禁止物の展示や関税にかかる具体的な展示がある。


121029羽田税関01

同じ税関だが、今度は羽田空港税関支署へ。
もちろん国際線ターミナルに併設されている。



121029羽田税関02

羽田空港税関支署の税関広報広聴官さんに、前もって横浜税関での見学内容を電話連絡。
重複するものを避け、出来るだけ小学生が退屈しないように、配慮していただきました。
税関の仕事や関税と消費税の具体的課税計算も上の画像のように。
種別品目は9000品目だって。



121029羽田税関03

そして税関検査場へも特別に。
子供達とて海外へ出かけている。。。だがこの検査場の思い出はおそらくないかも。



121029羽田空港国際線

20人ほどの2班に分かれて、屋上展望台などでいろんな海外の航空機を見ていただきながら。。。



121029羽田税関04

最後は麻薬検知犬のお見送りを受けた。

空港から出て、バスの中で私から子供達に聞いてみた
「なぜ国内線に税関がなくて、国際線にあるの?」
そんなぶしつけな質問にも、女の子たちがしっかり返答してくれました。

もうひとつ 「じゃ羽田の管制塔の高さは何メートル?」
「う~む 200m いや100m・・・」
「そだね だいたい100mちょっと、と覚えておけばいいよね」と私
「じゃ羽田の管制塔は、世界で何番目に高いと教えてくれた?」と私が聴くと
全体の半分ほどの子供達から。。。「3番目に高い」との大歓声・・・

ふむふむ 案外しっかり聞いてたんや。。。と少し安堵



121029日本科学未来館

おなか すいたね。
ここ日本科学未来館でお弁当。
学校から少なくとも1度は来ているだろうが、今回は租税教室。
文部科学省の管轄施設だが、ドームシアターガイアやアシモ君、有機ELパネルの地球など、、、を。
さて、税のありがたみや税の有効活用を、実感していただいただろうか。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。