• これでも瀬戸内海の端くれです。この角度から、狭い海峡の島々の夕暮れを望めるのも、珍しいかも。かつては身近な島であったのだが、行った記憶がない。おそらく行ったかもしれないが、、、想い出がない。オッサンになった今となれば、早い時はめちゃくちゃ早い潮流の海峡を体感してみたい。さて今年も終わり、区切りと言えば区切りだが、単なる暦の通過地点。それでも1年を振り返れば。。。変わらんねぇ。。。日本。昨年は、自然... 続きを読む
  • 画像は悪天候の翌日の画像。とても穏やかな日和。嵐もあれば晴れもある。東伊豆を北上途中に思わず車を止めて撮った。手前が伊東の山、その奥に箱根の山、そして富士。「ここからでもしっかり見えているんだ。冨士はやっぱり高いなぁ」ですね。さて温泉もゆったり浸かったし、ゆっくり寝たし。。。なにやらのんびりムード満点。このお方も。。。こんな具合で。。。「今日はどこへ行こうかぁ」「ま、いろんな所を見て回るには良い日... 続きを読む
  • ついに見てしまった、見えてしまった。。。そんな感じ。海越しに航空機越しに、海の向こうの六甲・神戸が見える。。東灘あたりだろうか。高度を下げた航空機。すでに私の方が高い。そしてポートピアあたりだろうか、神戸ポートピアホテルや、最も高いシティタワー三宮ビルも。神戸空港が判るような判らないような・・・餓鬼の頃はこんな高いビルはなかっただろうが、もし見えたら感激したやろなぁ。今もデジカメで撮って、感激して... 続きを読む
  • この時期のどうだんつつじ。釣りを始めた時の季節って、なぜかしっかり覚えている。その季節になると花や樹もそうだが、一番の感性は嗅覚や触覚かもしれない。私の初体験季節は真冬だが、一緒に行った110さんのそれはちょうど今頃。大切だよねそんな興奮やワクワク感や刺激的な体験の際の感覚。やはり頭ではなく、人は身体がまず反応すると再確認できる。途中のライオン岩に神々しい陽光。。。ライオンに見える?行きたかった堤防と... 続きを読む

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索