スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【旅は凡庸のリアリズムだ。屋久島】
2013/05/27(Mon)
130514yakusima01

非日常だけど慣れない生活の海外旅行より、凡庸で気楽な国内の屋久島へ。。。
それが60代のご婦人4人様の希望だった。

130514yakusima02

ただ屋久島へ行く・・・のみではない。
屋久島に直に触れる交わる繋がる・・・そんな旅をプランニングさせていただいたのだが、
そんな私の力より、4日間のガイドを務めていただいたきよみさんに感謝です。

130514yakusima03

縄文杉は日ごろの鍛錬がないとキツイ。
だが標高600mから始まる白水雲水峡とて、6時間のそこそこ大変なトレッキングなのだ。

130514yakusima04

あるがままの世界を如と言うとすれば、この仏陀杉はまさにありのままに生きている。
仏陀杉の下で、執着も欲望も忘れて・・・そんな錯覚の現実の世界から一歩出て歩かれたかのようで。
(これまでの画像は「屋久杉ランド」約1時間コースでのものです)

130514yakusima05

はて? どなたに撮ってもらったんでしょうか。

130514yakusima06

いよいよ太古の大自然の真っただ中へ・・・

130514yakusima08

だれかれとなく置いていく、樹葉の生き様。
落葉とて立派な葉。そしてまた土へ戻る役目を負っていますね。

130514yakusima09

皆さんの笑顔が、なにおかいわんや。。。ですね。

130514yakusima10

誰でもこの森の中へ入れば、母の胎内の如く、ありのままになれるのかもしれません。
ここで腰を伸ばせたのは、「あくせくせずに、少しは台地と同化して!」と言われているかのようで。

130514yakusima12

雨が多い屋久島だが、それは山の恵みであり水の宝庫でもありますね。
九州で最も高い山があるのは、屋久島なのです。

130514yakusima13

ガジュマルの樹も、人も、凡庸な中での営みが続けられれば。。。

130514yakusima11

やはり私は、海の画像、浜の画像を見るとホッとします。

130514yakusima14

そして楚々とした屋久島の自然と同化したお食事処「古都蕗」で、癒されますね。
4日間大した雨にも降られず何よりでした。
自然との出逢いも、また人とのとても不思議な再会も、何やらあったようで・・・
今までの凡庸の中でも、一つひとつの行いが、旅の刺激や興奮として映し出されているようですね。
はるばる行かれた甲斐があったのかもしれません。
また日常でも、頑張れますね。
スポンサーサイト
この記事のURL |  旅 鹿児島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【秋にも勝る初夏の磯】
2013/05/26(Sun)
130525mtn01

そんな感もなくはない初夏の磯。
ヒラメは秋とは限らないが、とにかく泳がせ釣りが楽しい。

今回も少しの合間に、小サバを釣って2度バラシ。鈎外れだったが、
このお方の釣果は素晴らしかった。

年に5回ほどしか来れないようですが、ぜひまたご一緒に行きましょう。
この磯がいろんな方々を招いてくれているかのようです。

130525mtn05

今年の小サバはまだ小さく、ヒラスズキもヒラメも敏感に反応してくる。
しかし、おみごとの一語につきます。

130525mtn06

豊かな海ですね。
この記事のURL |  磯釣り  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【磯の忘れ物】
2013/05/13(Mon)
130512_02

5/2に忘れた私のパイプ。
Jパパがこんな磯の岩の凹みに。。自然の壁と馴染んでます。。感謝^^


急遽日曜の午後の釣りに、前回の獲物を再びと。。。Jパパと言ってきました。
ハイブリッドも体感させていただき^^

ウネリが残り、足元まで這い上がる。
相変わらずしばらくはフグをメインとした餌取りばかり。。。

だが・・・

130512_01

オキアミではなく、釣れた小イワシで掛けたヒラスズキ。
イワシの存在は、それを狙うフィッシュイーターの存在を意識させる。
沈めればヒラメ、そして中層でならシマアジも。。。

130512_03

小サバ、小イワシを・・・二人で7回ほどチャレンジ
7回の内5回はヒット。

上の画像はその最大のやり取り。

YouTube動画はこちら
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【釣れて良かった】
2013/05/11(Sat)
130508mtn02


「磯釣りに行きたいが道具がない。自分で揃えたい」
そんな方お二人が、約5万で約20品目弱を購入されて初の実釣。
もちろん私もその購入にお付き合いさせていただきました。
キャスティング府中店の森川氏の目利き品です。

お二人にぜひ釣っていただきたい。なんでも良い、40㎝クラスの魚、いや30㎝でも良い。
気持ちが伝わったか、海の様相は一変した。

パワーあるシマアジ・・・それも30㎝は越えている。
前回の5/2に1枚上がったが、それほど期待はしていなかった。
結果3人で6枚。。。。素晴らしい。

130508mtn01

もちろん糸の結び、鈎の結びもしっかり覚えられて・・・
私としては嬉しい限りで、仕掛けも釣り方もやり取りも、一通りは体感されたはず。
お土産もね。

130508mtn03

30㎝ほどの口太もお持ち帰りいただいたが、かたやシマアジだものね。

この日の釣果レポートはこちら
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【続けての磯】
2013/05/03(Fri)
130502mtn03

2歳の男の子と偶然遭遇。その彼もフグと遭遇。

いいねぇ、自然の生き物に触れる。

彼が怖がるも嫌がるも仕方がない。しかしM君は少なくとも興味を示した。

そんな経験も将来覚えてはいないかもしれないが、きっと身体に植え付けられているはず。

「目もあった、フグのお腹はパンパンでザラザラ、ちゃんと口もあった」とね。

130502mtn02

そんなご家族の磯での写真。撮らせていただきました。

M君をはじめ、お父さんお母さん、そしてお爺ちゃんおばあちゃんの3世代が磯で楽しまれた。

ただそれは我々とは単なる偶然の出会いで、たまたまだったのだ。

お爺ちゃんとは言え、私とほぼ同じ世代のKさんと偶然磯でバッタリ出くわす。

Kさんは5年前の磯釣り教室のお客様だったのだ。


「お久しぶりです。。今日はお孫さんもご一緒で、いいですねぇ」

息子さん夫婦は海に向いて釣りをされていたが、Kさんはお孫さんを背負って。。。

「一緒に釣りましょうよ。。私のタックルで・・・」

130502mtn07

そんなこんなで、おばあちゃんこそ釣りはしないが、

3人が交互にM君と遊びながら数時間の釣りを楽しまれた。

130502mtn04

Kさんファミリーが帰られる直前にはぎやんの竿が大きく曲がる。

今日初めてのファイトだ。

130502mtn06

Kさんファミリーにもそれを見ていただき、磯を離れた直後に、

またはぎやんが大きなカワハギを釣り上げた。

「まだKさん達が歩いているはず、お土産に・・・」とわざわざ持って行ってくれた。

ご自分達で釣ったイワシとカワハギ、少しは海の幸を味わっていただけた。。。かも。

130502mtn01

そして善行を施された方に、またまたすごい獲物が。。。

動画は→ http://www.youtube.com/watch?v=hDcmJ9lKITg&feature=youtu.be

この時期にこのサイズは、とても珍しい。

イワシに鳥山、そして回遊魚・・・黒潮が接近しているからといっても、3日前の今日なのにね。

(この日の釣果レポートはこちらへ)
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【久々の磯】
2013/05/01(Wed)



DCIM0106.jpg


130429kgr_02.jpg

パラッと型物は出たけれど。。。外道のみ

メジナ、クロダイの気配なし^^;

海っていろいろ変化があると、つくづく思う。

GWの晴天・・・気持ち良かったけどね。

(この日の釣果レポートはこちらへ)
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。