スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【夏の親子磯釣り教室】
2013/08/13(Tue)
130811kts01

初めての海釣り
初めてのメジナ
小さくても引きは身体で覚えている。
小5の彼にとって、初めての海の生き物との遭遇だったのかも。
魚という生物のパワーを、糸と竿を通して、実感できたのかも。


130811kts02

カニでも、イソギンチャクでも、小エビでもなく、力と力の勝負。
30㎝クラスのメジナとの戦い、やり取りだ。
全身を使って魚と向き合っている姿は、とても自然な所作であり動作で、
最も大切な竿の溜めを、十二分に活かしているのがよくわかる。


130811kts03

見事に釣り上げられた。


お父様曰く、「自分が子供の頃にオヤジに連れられて行った釣り。あの感触をぜひ息子にも」
横浜から同乗されて、車中での会話なのだが、
だがさて。。。そんなにうまく釣れる保証はない。

だが、車中でのレクチャーが功を奏したのか。。。
小4の彼の頭にはしっかり入っていたのだろう。
「竿が折れてもいいから、竿尻を魚に向ける気持ちで、竿を立てろ」と。

また車中での会話・・・
「糸の傷や竿の傷が、大型魚とのやり取りの際は致命傷となる」
「それを俗によく言う言葉で、なんと言うか、わかる?」と聞くと、
「後悔 先に立たず」と答えてくれた。
「じゃ別の良い方では?」
「あとの祭り」

またあるいは
「今日は、晴れていて暑いのだけど、あまり視界が良くないね。なぜ?」と聞くと
「う~む、湿気かな?」と

暑かったのでライフジャケットは着用せず、釣り座の後ろに置いて救命具として使うことも、
そんな彼にはしっかり会得されていたはず。

お父さん曰く
「落ちてもメガネがなくなる程度だし、この子なら大丈夫」

(この日の磯釣りレポはこちらへ)
スポンサーサイト
この記事のURL |  磯釣り  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。