• さすが知床 世界遺産とにかく人が多かった。ウトロの街も以前より整備されて、これほど違うものかと・・・そして観光船も混んでいて、知床五湖も展望台まで作られて・・・かなり野性味や神秘性が薄れた感はぬぐえない。しかしここもアイヌのふるさと。アイヌ人は自然と共に生きて、自然をひたすら敬った。自然の中で生きる、自然と共に生きる、それがアイヌの根本理念だ。そんな中で、カラフトマスの遡上、産卵と孵化の現場に遭遇... 続きを読む
  • 久々の道東。天候にも恵まれたが、若い学生さん達は北の大地に何を感じたのか。。。画像は雌阿寒岳とオンネトー。雌阿寒岳の麓に、周囲3キロのひっそりと潜む小さな湖は、かつてから静寂の中で神秘性を醸し出していた。バスの中で「マリモって知ってるかな?」と聞いても、20歳前後の方々の多くは、初めて聞く言葉だったようだ。そしてまたまた晴れてしまった摩周湖。かつては、「霧の多い摩周なのですが、たまたま晴れた摩周湖を見... 続きを読む
  • 私の好きな奈良井宿。比較的平坦な地形だが、やはり木曽の山々に挟まれた街道だ。20数年前にここで曲げわっぱを買った。よく使ったもので、会社に弁当箱としてよく持っていった。もちろん中身はカミさんが。。。でもそのカミさんも今は。。。蔀・・・しとみ今ではほとんど見ない、聞かない、でも、しっかりと残されていたことに感謝。道の広さが心地よい。山から湧き出る生活用水や飲料水も、あちこちに設定されている。おやき・五... 続きを読む
  • 小さい自分の背中より大きなカバン。いつもそれをしょってらっしゃるのは、田島佳也教授。坂道にある馬籠宿の中でも上の方にある、人の良さそうなおやき屋さんの奥さんと。先生の専門は日本経済史。中世も現代も、こんな気の優しい女性達が商売を支えてきたのだろう。坂道にある宿場だけに、空が広い。街道沿いにあった常夜灯のなごり。やや古いかつての土台だけが残っていた。... 続きを読む

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索