【磯釣り入門教室 ご夫婦編】
2013/12/22(Sun)
131221toj08

けっして へっぴり腰ではないですよ。
ちゃんと重心を低くして 安定度を上げてらっしゃる^^
この画像で竿のしなりがお判りだろうか?




131221toj04

そんな獲物がこのメジナ。。。
付き添っている私もとても嬉しい。




131221toj02

その1時間ほど前にも上のこんなメジナを・・・
渓流では味わえないスリルとパワーを実感していただいたでしょうか?




131221toj03

このご夫婦には感心させられた。
お互い思いやりがあって、ぶつかる部分がほとんどないのだ。
その一番の理由は・・・
きっと二人ともいい歳のお二人なのだが、子供の心をしっかり持ってらして、、、

楽しむ、喜ぶ、驚く、興奮する、同じ時間を楽しむ、そして二人で同じことをする。
そんなことが当たり前のように進んでいく・・・
何ともうらやましい連れ添い。。。そんな言葉がピッタリです。


この日の釣果レポはこちら
この記事のURL |  磯釣り  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【生き物】
2013/12/20(Fri)
131125シャコバサボテン

1か月ほど前のシャコバサボテン。
毎年花芽をいっぱい付けて、見事に咲いていた。
だが今年は・・・どうだろう・・・咲かせたい。


131212シャコバサボテン02

131212シャコバサボテン01


一輪 二輪と・・・気が付けばこんなに。
さて、去年よりどうだろう?
そんなことをつい考えてしまうが。。。
なにやらこの植物、ほっといても咲かないらしいのだ。

絶やさなくて・・・ホッとしたやら嬉しいやら。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【寒い時は外で鬼ごっこ】
2013/12/12(Thu)
131209鬼ごっこ01

鬼ごっこと言えば子供の遊び・・・と思いがち。
私とて子供の頃は「子供は風の子 外で遊びなさい」とよく言われたものだ。

そんな子供の頃の外での体験が、今となっては自己形成にいろいろ繋がってくる。
子供の遊びかもしれないが、子供の時は子供同士で遊ぶのが一番だと。
子供同士は、とても対等なのだ。

ハラハラドキドキしながらも、夢中で相手陣地の宝物を取りに行く。
陣取り合戦でもあるのだが、捉まえる、逃げる、そしてチームワークを使う。
単純なゲームの中で、人間関係の構築が凝縮されているのだと感じる。

131209鬼ごっこ02

画像の中の左の小さな子は、敵の目をかいくぐって、今まさに相手の宝物が目の前にある。
「やったぁ これで取れる」・・・満面の笑みの嬉しい瞬間。
だが、一瞬先に相手チームに自陣の宝を取られてしまった直後だった。

得点にはならないが、嬉しい気持ちはいずれ悔しい気持ちに変わって欲しいと思う。
何もかも忘れて 夢中になって遊べる それが子供達の素晴らしいところだと痛感する。

(スポーツ鬼ごっこのHPは http://www.onigokko.or.jp/)
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【いつのまに・・・】
2013/12/12(Thu)
131203大阪01

早や。。12月
早や。。60歳

毎年冬は来るし、いずれ春も来る。
実家の墓参りの際に立寄った際の画像だが、
せわしない師走の中でホッと一息つけた瞬間。

しかし限りあるもの、大切に、有効に使っていきたいものだ。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |