【裏にあるもの】
2014/01/27(Mon)
140125めじろ01

隠れた裏ではなく、居間にあったみかんがひからびてきた。
せっかく頂いたみかん、めじろにも食べていただこう。

久々の餌付け。
かつてのように気長に待つ。。。と言うより、気が向いたら覗いてみよう。
しばらくして1回目の気付きに、すでにめじろは来ていた。

窓の内側から・・・そおっと そしてパチり。
塀ひとつ隔てたすぐ横の道路で車が通っても、たじろがないめじろ。
たじろぐと言うより、危険を感じないのだ。

140125めじろ02

みかんの一粒ずつ、廻りを警戒しながらたっぷり食べただろうか。
あくまでも。。。一粒ずつ・・・それが自然の掟なのだ。

人は死ぬために生きている。死に向かって生きている。
それが自然な掟なのだが、人為的な命の消滅や命の放棄は、あってはならない。

辺野古の海もまた然り。
だがそんな命も、大国の軍事という大義のために失われようとしている。
そしてそれを、人為的な金で人心をごまかそうとする国・・・なのだ。

金融経済とは? 金融資本主義に未来はあるか?
またそんな根底に、民主主義は根付くのか。。。

村の寄りあいでも、ある地域は3日3晩続くらしい。
しかし3日の長い間でも、喧々諤々なことはない。
それぞれが話したい時に話して、帰りたい時は帰る。
そして自分の言いたいことをしっかり言う。
また聞く方もちゃんと聞いてあげる。
そんな地域の小さな民主主義が、本当の民主主義だと思う。
国ではなく、いま大切なのは地域の寄りあいだね。

この国は人為的に、人為的な戦争へと突き進むのだろうか。
その為の特定秘密保護法も、あっという間に成立。
それを他人事のようになにも言わない国民。

そしてまた今日、国営放送のヘッドが、人為的な戦時の、人権を無視した発言。
国営放送に私も出資しているのだが・・・最近国営をよく観ていたのだが・・・
そんな人材の任命権は、今の政権にあり、政権の意向に沿った人為的な人事。
数の力で全て思いのままに出来るならば、それはいつかの日本と同じ。

怖い国・・・それを今、海外から見ているのではない。
国内に居て、すぐ傍で進行している・・・怖いと思うよ。
仲良くしたい隣国とて、これじゃお互いに鉾は納められないね。

めじろとて、住み辛くなりそうな国になって欲しくはないはず。

関連記事 
 2012.12  http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/blog-entry-452.html
 2013.07  http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/blog-entry-471.html
この記事のURL |  社会諸物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【今年もよろしく】
2014/01/17(Fri)
140114エアポートビュー01

先日の出張の際の夕景。

私が幼少のころからの、いつもの夕景だが・・・かつてはなかった30階から。

感慨深いものがあるが、かつてはこんなビルも海の上の陸地もなかった。

かつてあったのは、海の音、海の風、海のにおい、海の色・・・

それらが今の自分を作ってきたと言ってもいいだろう。



140114エアポートビュー02

まるで海の上のテーマパークと言ってもいいかもしれない。

もし私が子どもだったら。。。ワクワク かも

しかし昔からの夕焼けは、人工物をしのぐ許容量をはらんでいることに間違いはないようだ。

今年もよろしく・・・

131203osk02
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |