スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【潮干狩りの季節】
2015/04/22(Wed)
吉見の浜

春も本番かと思わせるようになってきた。画像は約55年ほど前の画像。

この日も大潮で正午前に干潮となり、冬場では見られないほど潮が引く。
一年の中でこの時期は、干満の差が最も大きいのだ。
かつて実家の裏の浜で、よく母親に連れられて自然のままの海岸でアサリ掘りをさせられたものだ。
私はそんな陰気な狩りに嫌々付いて行った。いや付いて行かされたと言った方がよい。
何時間もしゃがんだままでアサリを掘り続けるなんて、男のすることではない、そんな風にも思えたのだろう。

アサリより、目の前の海でデカい魚を掛けてみたい。
チヌの海と言われたこの海を目の前にして、アサリ掘りより釣りがしたかったのだろう。

さて上の写真から55年ほど経った今、久々のチヌは元気だった。
浜を埋め立ててアサリもなくなったが、海の中は元気な魚が息づいている。
だがもし今アサリ掘りの環境があり、それをするかと言えばやはり、、、しないと思う。
それだけ食べ物においても贅沢になったのだろう。
いや釣りの餌としてなら、確保するかもしれない。

150419mtn01_1200.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【さくら咲いた・・・が】
2015/04/09(Thu)


昨日は桜の上に雪という寒さだったが、20℃以上の暖かさから一気に2℃へ。
そんな日も我慢して寒気が過ぎ去るのを待つしかない。

さて戦後70年。
戦後10年目に生まれた私にとっては、うっすらと戦争の匂いの記憶はある。
親父も戦争に行った人間だが、そんな人々がこの国を支えてきたのは確かだ。
だが70年の間に何が変わって何が変わっていないのか。

私が子供の頃は昭和天皇と皇太子。
その皇太子が今は天皇。
あまりにも遠い存在の人物だったが、
今回のパラオ訪問で、私にとってはとても身近で親しみのあるあたたかい人物に確実に変化している。
日本人の心のよりどころとなるにふさわしい人々。

自分も歳を取って、保守的な考え方に傾いてきたのだろうかとさえ思うこの頃。
だが天皇の行動や言動がひときわ私の心に響いたのは、今の日本の危機感の存在だ。

日本を愛し人民をいたわり、世界の平和とその地の人々に寄り添える寛容な人。
そんな人の元で日本の民主主義は進化してきたのだろうか。
「やられればやり返す」・・・今のリーダーにありがちな本音が何をもたらすか・・・
その資質は日本の天皇の言葉とは反対に、「国民の平和と発展」という言葉の裏に、
とてもむなしく危険な行為でありいつか来た道と感じざるを得ないのは、
私だけではないと信じたい。

大音量で流れる選挙カー。。。名の連呼のみではなく
「今のあなた」を「あなたという人」をスピーカーから流してもらいたいものだ。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。