【五月の海】
2017/05/31(Wed)
170523ebs01_1200.jpg

画像は今年5月23日の南伊豆でのもの。

晴れて霞もなく黄砂もなく清々しい夏の海といった光景。

今年の4月5月は気温も高く雨も少なく、もちろん夏と比べれば湿度も低い。

さて・・・今後の本格的な梅雨や真夏がどうなるのか、予測不能な気候の先行きに

個人的には気温より豪雨や台風を心配してしまう。

とにかく穏やかな気候であって欲しいと願うばかりだが、それもまた仕方のないことか。

だが・・・人為的な不安は増すばかりで、国会の中で質問に対してまっとうな回答もせず

恫喝ともとれる総理の発言には、この国のありようが問われる。

一国のリーダーは鷹揚に応えて、寛容であって欲しいと願う。

そんな5月の清らかな海と意味不明な国政とのギャップ。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【野菜】
2017/05/12(Fri)
170503peme_1200.jpg

キュウリ、水ナス、枝豆、ミニトマト・・・
4月に苗から植えたもの。
上の画像はピーマン。



170503bege01_1200.jpg

あと毎年苺ができるが、今年の出来栄えはどうだろう。
たいした世話もしていないのだが・・・

昨日、高知県黒潮町がテレビで取り上げられていた。
何回も何回も話し合いもし、そして何度も何度も津波対策訓練を繰り返してきた。
その数は数百回。

1万人ほどの町だが、海の恩恵に感謝しながら高い堤防は作らない。
人と自然の共存がこの町に感じられた。
そして町民皆が納得できる自治を推進しているのだろう。

「あきらめる」 それは明らかに見て絶えず前へ進むこと。

この町にも「しかたがない」といった言葉が聞けた。
すべからく自然の驚異に対して、民が納得できる形を推し進める。
金をかけた人口物ばかりが本来の備えではない。
この町にはありのままの人と人との共存が感じられる気がした。

丁寧に納得がいくまで・・・・
共謀罪もそうあってほしいと思う。
物言えぬ日本にしてはならない。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |