今はまだ海の中

しなびたオコゼ
これから冬、魚が美味しい季節ですねぇ・・なんて言ってられないのだ。
私のような魚はあまり店頭には出ないのだが、私も決してまずくはないはず^^

そんな海からなぜ地上が見えるかと言うと、
私のこの居場所へ、よく尋ねてくれる、あるオヤジと親しくなってね、しいて言えば、彼はサンデーアングラーオヤジ。

いろいろと話しをしているうちに、お互い打ち溶け合って、いろいろ
聞き出しているんだよ。
まっ、彼を、しなびたオヤジとでもしておこう
そのオヤジ、飽きもせずにとにかくここへよく来るんよ。
その内ここで死ぬんやないかと思うくらい・・・
海なんてどこにでもあるやん、なのになぜ?・・・ここへ

いつも彼の餌につられて、つい拾い食いもするのだが、
針のある餌には興味がない・・・と言っても、はら減った時は、辛いでぇ~
思わず食らいつきそうにもなるんやが、
自分より動きの早いメジナ君達がほとんど先に食ってしまう・・・

そう、ワテはかなりのろまな魚、だから海の底の方で、
静かに保護色をかもし出しながら、たたずんでいるんよ^^
凶暴さゼロ、性格も淑やか、いや穏やか、そしてドン欲さもなし・・・
でも私に攻撃を加えるのは、少し危険やで・・・
ワテの身は、危険を感じると、ただ背びれを立てるだけなんやけど、
背びれ触れた魚君達は、皆退散していきはりますぅ・・・
ただカニは苦手^^;

そう、ワテは攻撃はしない、相手がワテに触ってくるだけの事なんよ。
でもね、そんなのんきな海の中も、生きるか死ぬかの世界でな。
ただ、しっかりと自然の成り立ちを会得していれば、
絶えず怯えることも、何も気を使うこともない、穏やかな世界なんよ

そそ、あのオヤジとの付き合いも永いが、
何年経っても、相変わらず釣りは下手やのぉ・・(笑)
hcj01.jpg

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索