海が好き
2005/11/21(Mon)
051113kts

しなびたオヤジです。
「海が好き」とよく言われますよね。
私にとってその浜辺は砂浜で、とても心地良い遊び場であったのだけれど、
でも子供にとっては何の変哲もない、つまらない海だった。

だって夏は別として、波の形を眺めるだけで、何の変化もないものだから。
ただ波によって打ち上げられる様々のものの中には、興味深いものもあった。
それは瓶。その瓶を海岸で探して、海に投げて石をぶつけて沈める。
単純な遊びだが、友がそこにいると夢中になって遊べたものだ。
そんな中でも一度、瓶の中に手紙が・・・・
子供心にも、少しワクワクするよね。でもそれ以上の事はしなかった。
そこまで夢をはせる餓鬼でもなかったし、醒めていたのかもしれない。

そして波によって打ち上げられる死んだ魚の残骸。
まれにそれはイルカや子クジラもあった。それをいち早く見つけたら、
確かとても得意げに、家にすぐ戻って報告したことを想い出す。
「こんな海にクジラが・・・」でも、今思えば船から投棄された物かもしれないことは考えなかった。

20数年海の傍で居ても、海を何千回通っても、海の中の事は何も分かっては居ない。
ただ、だだっ広い水の池がそこにあるだけ・・・
でも私にとっては、その波が運ぶ様々な物に、興味があったのかもしれない。
あの心地良い浜辺で、下を向いて、ひたすら歩いてね。
しなびたオコゼ

内海と外海・・・ワテのようなオコゼは内海が好き!
そう、あのヘドロがいっぱいの、クッチャイ海の方がエエねん。

夏の海水浴では、たまにワテに刺されて、いや、ワテに触れて、
足を腫れ上がらせていた人もおったねぇ・・・

そやけどやっぱり訳の分らん栄養豊富な海は内海に限る。
その仲間では、ガッチョ君(ネズミゴチ)、カレイ君、アブラメ(アイナメ)、
そしてベラ君やフグ君とボラ君とアナゴ君もね。

山からの養分も豊富でね・・・とにかく内海はとても静かなんよ
ただ、あの伊勢湾台風、第2室戸台風の時は凄かった。
ワテは一目散に沖へ逃げたけど、多くのカレイ君なんかは、その波の力で陸に打ち上げられて
陸の日干しになっていた。
信じられないでしょ。まさか 溺死ではないだろうけれど、酸素不足かも。




この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<初冬の海 | メイン | 月と海>>
コメント
- オコゼ殿、お幾つですか? -
伊勢湾台風に第2室戸台風ですか???

去年も今年も大きな台風が来ていましたが、
やはり天災ほど恐ろしいものはありませんね…v-466
被害に遭われた方々には御見舞を…
しかし、自然の大きなエネルギーには恐怖と共に畏敬の念をも抱きます。
2005/11/21 23:00  | URL | niko #Uhpbf45k[ 編集]
-  -
v-520しなびたオコゼです
ワテは3歳、でも先祖代々からの遺伝子が、動物的な感を働かせてくれています。
オヤジと出会ってからいろんな話も聞かされましたが・・・
v-208オヤジです
そもそも西日本と東日本では、台風の捉え方が大きく違う。
西日本の生き物は、台風への構えが出来ております。
でもね、大阪湾のような内海である瀬戸内の部分では、日頃はとても穏やかなんですよ。
ただあの時の台風のように、風速毎秒45mなんかになると、
海は豹変しますね。

しかしあの時の魚大量打ち上げ死は・・・・
ひょっとして、海底のヘドロが巻き上げた有害物質によって、
彼らは死に絶えたのかもしれない。
そんな風に考えられなくもないんです。
単なる波の力に負けた・・・とは思えんのですよ。

みなさん、台風の時の海の匂いって、知っていますか?
それは東京湾での匂いと、太平洋沿岸での
匂いとでは、
かなり違うと思います。



2005/11/22 10:28  | URL | しなびたオヤジ #-[ 編集]
-  -
台風の時の海か~。わからないな~。
千葉に居たときだって、海までは車で30分くらいかかったもんな…。
海と天候で印象に残っているのは、冬に大洗の海に行ったら雪が降ってきたこと…。
綺麗だったけど、怖かった…。
2005/11/24 06:28  | URL | niko #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/10-d72dfcda

| メイン |