地球の歩き方【パキスタン】

200707地球の歩き方【パキスタン】02

今年の7月に地球の歩き方【パキスタン】(株式会社ダイヤモンド・ビッグ社)から数年ぶりに刊行された。それまではしばらくの間、パキスタンの観光情報が伝わってこなかったのも事実。今年の2月~4月にかけての取材らしい。

インダス河流域のパキスタンでありながら、私としても知り難い地域であったのだが、古代インダス文明から昨年私も訪れたガンダーラ、そしてムガル帝国や仏教美術からイスラム、そして国民の生活からノーザン・エリアのカラコルム山脈まで詳しく書かれている。

200707地球の歩き方【パキスタン】03

その中でも昨年パキスタンへ行った時に同行させて頂いた、美術史家の谷岡清氏の「ガンダーラ美術」(仏教と仏像、仏像の出現、ガンダーラ美術の出現)も解りやすい解説付きで掲載されている。またこれらを読んでいると、仏像発祥の地で、本来の仏教とは?と言う疑問が、私の中で再び燃え上がってくるのも否めない。

そんな旅に同行させていただいて、現地の人々の温かさにも触れ、そして多民族のイスラム圏でありながらも、仏像遺跡がしっかり残されているそんなパキスタンが、混沌とした現代日本より危険な国とは到底思えないのは、私だけではないはずだと。

南アジアであり、西のギリシャや北のヒマラヤ、中国とのシルクロードの要所でもあった歴史を見ながら、また行ってみたくなった渡航先の一つでもある。
200707地球の歩き方【パキスタン】01


★★ ガンダーラ ウィーク スケジュール ★★

コメント

休憩中

今から、15年前に私の親父が機関車の製造に関する技術指導に行った事があります。
約2年半近く滞在して居ましたが、小学生位の子供が働いていた事、治安問題、住居等、日本の生活とはかけ離れた世界なんだと、聞かされた事があります。

オコゼ

機関車
乗ってきましたよこの機関車にも。観光用で定期ではありません。
きっとお父様の技術指導のお陰ですね^^
でも、パキスタン人々は優しいし、特にの子供達なんかはとても純で、写真がそれを映し出しているかと思います。

この機関車をお父さんに見せてあげて下さい!^^

夢見るセブン

ガンダーラ
ガンダーラ!
現地の方には、悪いけれど、
国名をパキスタンからガンダーラに
変更すれば、日本人受け間違い無し
と思ってしまいます。
訪問してみれば、どうと言うことは
無いのですが、報道等により、危ない国のイメージが強いのは、残念なことです。

今度、仏跡巡りしましょう。
ブッダガヤ、クシナガル、ルンビニ。
不思議なのは、お釈迦さんが歩いた地に、仏像は残っていない。仏教が伝播した所に素晴らしい仏像や壁画が残っていますね。その最たるものが、
ガンダーラかと私は思います。

オコゼ

インド・ネパール
今年は「日印交流年」ですね。
とっても、インドで生まれた仏教ですが、今一風は吹かないみたいです。

釈迦の生誕から、仏陀へ、そして入滅の軌跡の旅ですね。
連れてってぇ!^^
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索