松島 五大堂

先週、松島へ訪れた際の風景
土曜と言うこともあって、ごったがえしていた。
松島と言えば あの海に浮かぶ島々でもあるが、
この五大堂も、島といえば島なのだ。
071020松島五大堂01

1600年代初頭に、伊達政宗公が現存の五大堂を建立されたようだが、
このお方、様々なことに卓越されていたようで、
伊達家の偉業には敬服するばかりである。
この五大堂建築においても、はるばる奈良や紀州から
吉野杉や熊野の樹を海上から運び、そして紀州は根来の
名工鶴衛門家次を呼び寄せている。
海上ルートだとゆうに800kmはくだらないはずでね。
なんとも雄大な構想であり、その行動力には驚くばかりで・・・

根来と言うと、真言の根来寺、根来忍者などで有名ですが、
私にとっては青春の淡い想い出の場所でもあるのだ。
071020松島五大堂02

お堂の周りの欄間部分に十二支の干支をあしらってある。
これも鶴衛門家次の作らしい。
このお堂は、すぐ後ろの瑞巌寺の守護神として、
五大明王を中に祀ってある。
元は、800年代に坂上田村麻呂が建て、
慈覚大師円仁がこれらの明王を祀ったといわれている。
071020松島五大堂03

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索