スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初冬の海



しなびたオヤジです。
初冬の暖かい休日に、こんな海へ行って来ました。
誰も居ない、静かで綺麗な海。
ここは太平洋に面していながら、とても穏やかな表情を持っている海岸です。
今となっては内海も、かなり綺麗になってきてはいますが、
やはりこんなロケーションはかけがえのないものですね。

海の自助浄化力って、果たしてどんなものだろうか・・・
きっと私が知らないものが、山ほどあるんだろうなぁ

Comments - 2

禁止くん

それはよくわかりません(笑)。
ただ山の色々な栄養が水を伝って海に流れて初めて、豊穣な海になるのですよね。海を守るには山も守らねばなりますまい

2005-11-24 (Thu) 18:55 | EDIT | REPLY |   

しなびたオコゼ

その通り・・・

v-520しなびたオコゼです。
禁止くんの・・・なりますまい・・・は 当然でおます。
ワテが言おうとしていたのに・・・先に言うたらあきまへん。
山が、いやその海の近くに緑が多ければ多いほど、
我々魚の餌となる海草も多く出来るような気がするんやけど。

そやけど、オヤジに聞くところによると・・・
「緑を守れ」と言うてる行政は、掛け声ばかりで、
山を雑木林を、建築条件さえ合致していれば、すぐに伐採可能なのやと・・・・

海と陸、海と山、いずれも残すものは残さんと、
我々も住みにくくなりまんねん。

やはり全ては金で動いてしまうような国づくり、少なくともこの島国、
海を残したいのなら、緑も残さんとな。

2005-11-24 (Thu) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。