スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
18.8km
2007/11/22(Thu)
ホンダスパイク

昨年夏から乗っているスパイク。
最近の車は燃費計が付いていて、なかなかこれがクセものだ。
前車までは運転中は身近に感じなかった燃費が、アクセルを踏み込むほどに落ちることが、一目瞭然!
そうなれば、どんなアクセルワークが逆に燃費を伸ばすのか・・・・
人として試したくなるのも人情だよね(笑)
だが、先日伊豆までの区間で18.8kmを記録した。男二人乗車で天城峠越えの、ほぼ150k区間を二人交互に運転してのもの。
でもなぜか他社でも燃費計の1割引きが実際の燃費らしい。なぜ?

それはともかくとして、こんな数値に一喜一憂しているのは当然経費削減。
でもそれが結果として環境保護に繋がる事は、素晴らしい。
興味を持ってCO2を減らせることが一番だ。

ところがこの燃料高騰の時に、未だガソリン税が53.8円
そしてその国税が68兆円もの10年先までの予算を組んでいるらしい・・・
道路を作る為の予算だろうが、そんな先まで予算を付けるということは、53.8円という税額は10年後も変わらないの?

旅行プランナーとしては、田舎の道路はあればあったで時間短縮にも助かるのだが、先日の岩手から宮城間の新たな道路も、なぜか味気なかったなぁ・・・
もちろん海岸線は走らない、そう、ひたすら田んぼの中なのだ。

この財源、結局地方へばら撒かれるとしてもそれは国が決めるらしい。
なぜそんな財源を地方に任せて預けないのだろう?
本当に必要な道路と、作っても価値のない道路は、地元が一番知っているはずだよね。

そんなことを昨日のニュースを見て思ったのだが、同じようなことが教育にもいえると思った。
国が一律に縛りを付けるこの国の教育とは?
前々から思っていた現場の事は現場の方法や判断に委ねないで、形ばかりを国はおしきせにしていないだろうかと思う。
特に教育と言う様々な現場に遭遇する実態を考えれば、数値だけが目標ではないはず。

地方の道路も「なぜこんなところに高速道路が必要なのか」と言う声も地元で暮らしている人々の中から出ていることも事実みたいだね。
それともやはり、道路建設費用のばら撒きが、政治家の生命線を保てるのだろうか?
そんな無駄金があるのなら、53.8円は、見直して欲しいものだな。
あるいは、それがダメなら、それを道路建設予定の地方に予算を分散して、地方行政にその予算を預けた方がよっぽど良いとも思った。

地方よ 有効な予算として、有益な地方維持に頑張れ!
そして国民よ、怒れ!
ただこんな車に乗ったからと言って、こんな燃費が維持できるとは限らない。プリウスでも同じことが言えるみたいだよ。
この記事のURL |  社会諸物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<灯り | メイン | さぬき料理>>
コメント
- 燃費計 -
今日ホンダさんへオイル交換へ行って来た。
最近はディラーさんも凄く親切^^
もちろんPCもあればコーシーも出る^^
店内スタッフにも・・・ここを無理矢理見てもらったが・・・書き込みはない(笑)

でもね、この燃費計、かなり大きな変化を生むと思うよ。
ゆっくり出る、静かに走る、先を見越して車を転がす。
確実なトルクで、むやみに回転数を上げない。
長い赤信号なら、エンジンも止める。
そうするととても静かな車内空間が生まれる。

最近、惰性で転がしていても違和感がないのだ。
それは他の車も・・・転がしているから^^
発進もなぜか最近競わないような気がするよ・・・(笑)
そして高速も80k~100kの車が多い・・これも気がする^^;

だが、冬のアイドリングが辛い。
それさえなければ、とはいってもチョークはない。
今はメーカーも、マイナス40度でいきなり発進を実験しているみたいね。
と思ったら、
少し寒いけど、いきなり走らせる(笑)

なんともこの燃費計、なにやら車社会を大きく変える、きっかけになりそうな気もするねぇ。
2007/12/15 20:12  | URL | しなびたオヤジ #cm2zDcPg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/113-c24f93c0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。