学力テスト
2007/12/05(Wed)
07年12月02日 里山の空間

57の地域・国での高校生の学力調査?
いずれも下がったとか、最下位だとか・・・ニュースがわめいていてね
そればかりならまだしも、
「もっと日本の高校生達には、頑張ってもらいたいですね」
などとおっしゃるキャスターもいらっしゃるし・・・

2位が6位になって、アカンの?
いつも教育レベルがトップクラスの日本であるべき?

勝ち組
経済大国
経済第一主義
学力
点取り虫

記憶力、暗記力、そんな力に格差はあって当たり前やん。
でもそれを点数でしか評価しない教育課程に、
「生きる力」が備わるのだろうか?
そんなことは、私が子供の時代から言われてきたことであるが、
なかなか変わらないみたいでんな。

母「この子は誰に似たのかしら、ホントろくな成績を取ってこないわ」
父「そやなぁ・・・俺の子供やから、仕方がないか」
こんな夫婦の会話に、子供が「生きる力」も失せるのは当たり前やん!

みな平均的に、押し並べて各科目良い点数を・・・
やっぱり点取り虫にならざるを得ないのかねぇ。
それも日本の母性社会か?

興味、興奮、刺激、集中力、コミュニケーション力、自由力・・・

釣りには釣りの上記の全てが備わっていると言ってもいいかも知れない。
では、魚とコミュニケーションするの?
そんな風に言われそうだが・・・・出来るかもよ^^
例え魚でも、生き物との出会いは、刺激もあれば躍動感がある。

とにかく石であれ、電信柱であれ、そんな相手に個々の興味があれば
魚とて伝えてくれるものがあるはず。
ただ、そんな相対するものに、とにかく投げかけて、自問して、そしてまた相手に投げかける・・・

そんな学校教育、社会教育、そしてそれらを支えて、あらゆる子供達を受け入れるだけの日本社会が、今は・・・・無いのかもね。

釣りの面白さ、旅の楽しさ、教えちゃるのに・・・(笑)
もしも要請があれば、喜んで飛んで行くだろうなぁ。

ゲッ!偶然にも今まさに、ソーシャルベンチャーについて スピーカーから語られている・・・(笑)

しなびたオヤジ
この記事のURL |  社会諸物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<冬の街・・・空 | メイン | 灯り>>
コメント
- 陰と陽 -
縁起
負ける人のおかげで
勝たせてもらう
      みつを

誰のために勝ち組にならなければいけないのでしょうか?
経済大国であるがために、何を犠牲にしているか分かっているのでしょうか?
経済第一主義のために何を無くしたか分かっているのでしょうか?
学力重視のためにどれだけバランスが取れなくなっているのしょうか?
すべてはバランスの上に成り立っているというのに…
こんなに保てなくなってしまっているのに、なおそれを煽る考え無しのメディアには、
頭が痛い…。


2007/12/09 12:18  | URL | niko #Uhpbf45k[ 編集]
- ほんまやなぁ・・ -
星野ジャパン・・・かっこ良かったね^^
皆が夢中になって、ここ一番で結束して、自分の出せるもの出した・・・そんな感じかな?
そやけど、「ダルちゃんエエなぁ」と一言いうと、女性陣はその話しに飛びついてくるね(笑)

まさに縁起かも
相手チームが負けて自分達の勝ちがある。
それが本当の価値なんやろうなぁ。

負けがあって勝ちがある。
それは一人ではあり得ない現実だし、
自分が無我でもあり、全ての現象は偶然と偶然の重なり合いだと・・・思いますなぁ^^

絶えず変化の中で生かされているのに、常に一定なんて、あり得ないよね。
みつをさんも、「縁起」が基本なんや!
なんか嬉しいな^^


2007/12/10 10:49  | URL | しなびたオヤジ #cm2zDcPg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/115-88beb611

| メイン |