スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

54歳となりました

浜


2月にひとつ歳をとって54歳に。
だからと言って何も起きなければ変わらないのだが、
昨年この写真を実家で見つけて、半世紀を何とか生きてきた自分を考えてしまった。

この画像は、ほぼ50年前の実家の自宅傍の海岸風景なのだが、
今はここも埋め立てられ、倉庫が建てられている。
50年前の海は、まだ本当の海であった頃かもしれない。
写真ではよく解らないが、浜に打ち上げられているのはほとんどが海草ばかり。
それ以外は白砂の中に、貝や丸くなった石ころしかなかった。
それは1950年代。
しかし1960年頃から70年にかけて、妙なものが海岸いっぱいに打ち上げられた。
その中には、浣腸器や注射器、それにその針までもが・・・・
もちろんその他のゴミ類も多かったのだが、私の幼少期はそんなゴミの中で遊んでいたようなもの。
コールタール(重油の固まったようなもの)の上に座ろうものなら、母親から大目玉を食らった。
でもひたすら浜に行っては友達と遊んだり、釣りをしたり、一人夕日を眺めたり・・・・
子供にとっては何もない海だが、波の高さ30cmの潮騒の中で、
潮で洗われたゴミを探すこともよくあった。そんな中に、ビンの中に入れられた
手紙もあった。かすかな夢のある海で、絶好の遊び場であったわけだ。

こんな海でオコゼも生息していた。
夏にゴミの海で泳ぐのはもちろん、親から言われるのは「オコゼに刺されるな!」という言葉。
幸いにも私は刺されなかったが、刺された人を何人も見た事がある。

おそらく戦後15年頃から30年の間の、高度成長期の時期の際のゴミが、最も悲惨だったのかもしれない。
つまり私が6歳から20歳頃までの時期である。
そう思えば、ぴったりゴミの中の青春でもあったわけだ。

当時、我々のし尿も海洋投棄もされていた。
そしてその船頭の話では、浜から1kmほど沖でし尿をぶちまけると、多くの魚が湧いて来たという。
まるで人も自然の一部と考えれば、まさに自然の摂理でもあり、食物連鎖でもあったのかと・・・

今の内海は、その頃に比べればとても奇麗になったと思うよ。
でもオコゼにとっては・・・・どうなんだろう?

Comments - 4

denn

おめでとうございます^^

そうだったのか~^^
10歳違いだったんですね^~^

失礼な話ですが^^知り合った当初の印象で・・・ もう少し上?かと思ってました^^  

これからもよろしくお願いします^^

2008-02-17 (Sun) 21:01 | EDIT | REPLY |   

しなびたオヤジ

ありがとう!

10歳違いだったのね^^
dennさんとは長いお付き合いですねぇ。
きっとdennさんの学生時代からですから、20年以上かも^^

ところで知り合った当時の印象って?
また聞いてみたいですねぇ(笑)
dennさんの印象は・・・
「何にでも興味を持ってくれる、かなり大人びた変人」だったかも^^

2008-02-18 (Mon) 21:32 | EDIT | REPLY |   

つづき

おめでとうございます!

おめでとうございます♪
すっかりご無沙汰してました!
また磯で遊びたいですね。
危なくないとこの(笑)

2008-02-19 (Tue) 20:41 | EDIT | REPLY |   

しなびたオヤジ

いやぁ

何年ぶりですかね(笑)
ナオトンではないですか!!
ありがとう!嬉しいですね^^
ビニールもお元気ですか?

危なくないところというより、怖くない所の方が当たっているかも??
54歳、ナオトンに差し上げますぅ^^

でも磯で遊びたいと言っていながら、あなたは釣りしかしていない気がするのだが・・・違う?(笑)
今度皆で、1泊で温泉でも行きますか?1歳児も連れて、釣り抜きで・・・(笑)

2008-02-20 (Wed) 12:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。