実家の海

080803大阪の海04

随分と変わったもんだ。
海は埋め立てられ、砂地だった海岸は
白い石ころで埋められている。
海には橋がかかり、沖には空港が・・・・

この埋め立てられた海岸線から300mほど内陸部に
実家がある。
かつてネズミゴチであるだろう「ガッチョ」という魚が
投げ釣りで入れ食いで、つまらない釣りだった^^
でもそんな食べて美味しいガッチョも、今はほとんど姿を消したようだ。
浅瀬の砂地がほとんど埋め立てられた為らしい。

経済優先か、それとも自然を残すか・・・・
とは言っても ハブ空港になりえていない空港を抱えて、
埋め立てに山は削られ、自然な海岸線も埋め立てられ
今はこんな姿に変わってしまった。

でもかつてのゴミの海も今はとても奇麗で、水の濁りも少ない。
せめてもの罪滅ぼしか、それとも以前が野放しだったのか。
いずれにしても、子供の頃毎日のように遊んだ
砂地の海岸線は、今はもうない。

080803大阪の海05

守口から来られたご家族。
ご夫婦はアジ釣りで、子供達は人工浅瀬でカニ遊び。
チヌの海と言われた大阪湾だが、一度しっかり狙ってみたいものだ。
私の子供の頃は、オキアミなんてなかったからね^^

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索