鮮やか!

080828 栗
一つだけ、落ちていた、まだ若い?栗
この栗の今後は、どうなる・・・なんて考えても仕方ないけど、
雨上がりの今朝、無機質で黒い色のアスファルトの上に、
鮮やかな色を自慢げに、少し早く地に下りてたたずんでいるみたい。
せめてカメラに収めてあげたかった^^

グルジア・パキスタン・アフガン・タイ・そしてチベット・・・・
いろんな紛争や衝突が起きていますね。
そやけど日本とて、もっと深刻な悩みも歪みも実際には
いっぱいあるように思う。

大切にしなければならないもの、あるのにね。
この国って、金と物と、プライドしか求めておらへんのかな?
メダルより貴重であたたかいもの、あるはずだよね。
なぜそれをメディアは取り上げられないの?

この栗も、土に戻してあげたいけど、
その土がどんどん減っているのは、とっても不自然。

NGOペシャワール会を、、、陰ながら応援したいと思います。

コメント

niko

ペシャワール会は、「心の打ち水」で取り上げていた、中村哲先生が中心となって
活動されているNGOですね。
伊藤和也さんは、本当にお気の毒なことでした。
大樹の陰に実を潜め、確約のない口約束を頼りに、虎の機嫌をとっているのが
今の日本の姿のような気がします。

足元をしっかりと見つめ、自分がどんな所に立っているのかきちんと、
知っておかなければ行けませんね…。

しなびたオヤジ

そういえば
nikoさんも、医療関係ですもんね。
医療もさることながら、井戸や用水路も地道に作るのも、
経済や発展の為のみならず、
人が生きる為に必要な作物や栄養素の根本かもしれない。
自給自足を推進出来れば、彼もアフガンの鷹山となりうるね。
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索