夜の永観堂(京都)

081108永観堂02

先週の土曜日、かなり冷えてきた秋の日だったが、
偶然永観堂の夜間拝観が始まると聞いて、訪れてみた。
町はあちこちに赤や黄色の広葉樹が緑黄色そして真っ赤なモミジが配置されて
すでに秋の京は見ごたえがあった。
画像は永観堂は中門のライトアップ

081108永観堂09

この日は京都龍谷大学のサークルのOB会で、すっかりお客様気分で行ってみた。
幸いにもサークル顧問でもある先生と30数年ぶりで再会でき、77歳喜寿の祝いも兼ねて
私には古き良き時代へのタイムスリップでもあった。
京の町は変わっても、寺はいっこうに変わらない。
そんな寺を見ていると、タイムトリップと言ってもいいかもしれない。

081108永観堂01

広い境内をゆっくり歩いて放生池のまわりを一周する。
釈迦堂、阿弥陀堂なども拝観しながらしんしんと冷える秋の夜の寺参り。
初日ということもあって大勢の人が入っていたが、まるで大晦日から初詣の様相でもあった。

081108永観堂08

もみじの赤はまだ未熟気味であったが、スポットで撮ってみるとこんな感じ。
ただ実際に行って身を置いて、寺がかもし出す全体のたたずみの中で味わいたいものだね。

081108永観堂07

画像は 淡い朱の中の永観堂 鶴寿台

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索