スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆から伊豆大島を081129

「綺麗な空だよね」
寄る年波には勝てず?・・・いや、今年もなかなかのものでした。

毎年偶然無意識に見つけるクリスマスコンサート
だが今年はそれを前日に知って、昨日は11時に帰宅。
今年も一人で見るTVコンサートだったが・・・
相変わらず、パフォーマンスではなく、聴衆と共に作り上げる感覚が伝わる。
見終わって、聞き終わって、走らなくていいから、いつまでも続けて欲しい・・・小田さん
そんな思いだった。

かつての日本の総理で、私が一番退屈だったのは、佐藤さん。
私が小学5年当時からの総理だったが、
それから何年佐藤政権が続いただろうか・・・・

小・中学校時代の、私の感じた事。
「なんかわからん総理やな、そんで・・・全然おもろない」
「はよ、総理が交代せぇへんのやろか」
「すごいきな臭いなぁ・・・このオッサンきっと本音は隠してんねやろなぁ・・」
なんて事を思っていたのをよく覚えている。

本音と建前、それはないほうがおかしい。
だが、当時の外交文書が40年後に明らかにされても、
核戦争は起きてからでは、取り返しが付かない。

でもそんなお方も、非核三原則でノーベル平和賞だからね。
今もって「当時も今も日本に核は持ち込まれていない」と述べる現閣僚もしかり。
あなたもノーベル賞ものかも?

綺麗な空を見れる時が、幸せだと思うよ。
本音と建前は個人的にはある。しかし、国を預かる立場の役人は、
本音と建前で、外交と国民の間に、隔たりを作って欲しくはないものだ。

それを知らされないで死んでいく人達は、いやそれよりも、
知らないで生きている自分が、怖い。

そんな建前と本音のしがらみの中で、戦後の日本は金とプライドを追い求めてきたんやな。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。