新芽
2009/04/05(Sun)
090405森05

春の新芽
今日あたりは、桜も満開。
そんな桜が1本もない近くの森(里山)へ散歩。
人もほとんどいなくて、いつも落ち葉と野草の中を犬と歩く。

地味な野草にも、春ともなればきっちり新芽が・・・いくつか撮ってみた。

090405森02

何の草か樹かさっぱりわからんが、新たな息吹に毎年出会う。
鮮やかな緑の命に、桜にも負けないくらいの質素だが力強さも感じる。

090405森03

090405森04

特にシダ類は新芽が一気に飛び出して、古い葉は地にペタッと這いつくばって、
「古いものはお役御免」とばかりに、土へ同化していく。

090405森07

090405森09

昨日ラジオで聞いた言葉
「何かひとつを手放したら、それよりずっといいものがやってくるものです。」
ウィリアム・サマセット・モームの言葉

私も手放したいもの、山ほどある気がする。
ただ、日常に追われているとどうしても手放せない。
いや、手放すチャンスがないと言っても良いかもしれない。

そんな意味では、旅は手放す大きなチャンスかも・・・・
そう感じながらも、「この言葉はなんにでも、当てはまるなぁ・・」とも思った。

それは大人にあって子供にはない、形やしきたりや既成に執着する意識だろうか?
いや、意識というより無意識かも知れない。

もうひとつ昨日気になった言葉があった。
「今日本人は、日本に憧れている・・・」
そんな古き良き、互いが助け合える日本に、無意識な思いを感じているのかもな。

「やられたら やり返せ」
それも良いが、いずれ同じ人間と思えるなら、
「仕方がない」では、具合が悪い。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<伊豆で道草①宇平のウコン | メイン | アクティブさざえ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/178-2b24d42e

| メイン |