不寛容 あいまいさの拒否
2009/05/25(Mon)
インフルエンザは終息の方向へ?
それはそれで良い事だろうが、ウィルスは次第に収まっても
日本のゴタゴタを納めるのはまだ早いのでは?

テレビでの紀里谷和明監督の言葉 「根拠のない壁を作るな!」
それはあたかも「楽して自分だけすり抜けようとする若者への叱咤激励」だったかと。
そもそも自分のしたいことをしていながら、なぜ壁を作るのか・・・

それぞれにいろんな壁があるのは当たり前だが、何もしないでずる賢い知恵だけを
聞き出そうとしても、その人の為ならず・・・と私も思う。
にもかかわらず、美味しいところだけを自分の利益に、そんな手法が蔓延しているのだろうか。

異様な光景は8割の方々がマスクをして歩いている都市。
でも私とて死にたくはないのだが、「日本で多数の死者が出たの?」
もし「皆がするから・・・自分も」という主体性がない自分に気が付けば、果たしてどうだろう?

身の安全にそれほど注意するなら、走る凶器である自動車は、インフルエンザよりも
手ごわいウィルスかもしれない。
今日でも明日にでも、自分が被害者にもなり加害者にもなり得る可能性はかなり高いのに
しばらく車を止めようとは思わない。

メディアが言うから、皆がするから・・・そして誰も街にいなくなる。
学校も、会社にも行けず、日本の社会生活は・・・麻痺?

日本のごたごたはこれからもあるのだろうな。ミサイル・ウィルス・そして不景気。

寛容でなくなりつつある日本は筑紫哲也氏が、
あいまいさが受け入れられないことは心理学者が言っていたこと。

でも待てよ、この二つは古き良き日本の専売特許だったのでは??
絶対的Godを受け入れづらい国民が、その歴史を作ってきたのかもしれないが、
少なくとも自分の中のGodだけは、自分の心に留めて欲しいと思ったこの2週間だった。

とりとめのない話・・・でもとりとめのない報道や日本も 確かに感じたね。

090429畑
この記事のURL |  社会諸物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ブラシの樹その2 | メイン | 美味しそうな色(ブラシの樹)>>
コメント
- 予行練習 -
今回の大騒ぎは、来るパンデミックへ備えての予行練習という説もある。
それならそれで良いのだけど、だったら予行練習と言ってくれるとありがたい(笑)
インフルエンザだって、風邪だってウイルス感染に代わりはないわけで、条件が悪ければただの風邪でも人は死にます。
A型だってB型だって新生児や体力のない高齢者が罹れば命を落とすことがある。
何も今回の豚に限って大騒ぎすることはないのではなかろうか…。
あやふやな情報が、本当に必要とする場所に行き届かなくなるようなマスクの買い占めを起こさせ、
学校にも、会社にも行けず、都市機能が麻痺を起こす^^;
豚はね、弱毒性なんだよね。そりゃぁ、いつ突然変異を起こして強毒性になるかは分からないけど、
だからこそ今のうちにみんなで感染しておくという手もあるんだけどなぁ~(笑)
医療従事者がおおっぴらに言っちゃいけないことだけど、でも分かっている人ほどそう思っているんじゃ
なかろうか?
とにかく、どうやったって感染するときはするわけで、睡眠・栄養を充分とってイザッてっ言うときに
備えるべし。予防は、まめなうがいと手洗いをお勧めします。
マスクは、窒息しそうなサーズ用のN95じゃないと予防にはなりません。
だから、風邪かも…って思った人は人様に迷惑かけないように、家で大人しくしているか外に出るときは
きちんとマスクして貰いたいですね^^;
2009/05/27 21:25  | URL | niko #zaTBqBzo[ 編集]
- 諦められない -
予行演習させられた訳ですね^^
それに今後、豚インフルエンザがまた猛威を振るったら
今回これにかかった人達に免疫があるとすれば、
「ラッキー!」かも知れませんね。

予行演習の成果をきっちり総括しないといけませんな^^

これを考えていた時、「諦められない」という言葉を思い出しまして、
それは「明らかに見れない」と同意語だと・・・

無常の中で生きている自分ももちろん無常なのでしょうが、
自分の前に起こる良い事悪い事全てを「明らかに見る」ということは、
とても大切なことだとあるお坊さんから聞いたことがありました。

今では「明らかに見る」という語源が、「諦める」という否定的な言葉に代わっているようですよ。
身の回りに起きる全てのことはマイナスのことばかりではないのでしょうが、
自分に都合のいいことは素直に受け入れても、その反対は受け入れ辛いですね。

今回のインフルエンザも、「諦めること」も必要だったかもしれませんね。

それより何より、日頃の苦しいこと辛いことの多い中でも、
nikoさんの言うように栄養・睡眠を充分取って、
「無常」の中で、ケセラセラと生きていたいものです。
2009/05/28 12:56  | URL | しなびたオコゼ #cm2zDcPg[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/192-d58889f4

| メイン |