スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
未央柳(びょうやなぎ)
2009/06/04(Thu)
090603未央柳01

私は男です^^
でも歳なのでしょうか、若い頃はさほど興味もなかった花に
最近は見とれてしまいます。

とは言っても 花によりますが・・・・^^

090603未央柳02

未央柳(びょうやなぎ)
金線海棠(きんせんかいどう)
美女柳(びじょやなぎ)
美容柳(びようやなぎ)

ネットでも、茶の花という辞典で探しても、いろいろ。
ただ中国から来た花であるし、
やはり楊貴妃の時代に詠われた詩の中に出てくることを思えば
長安の宮殿である未央宮 → 未央柳(びょうやなぎ) かも。

文字の伝承は言葉の伝承より正確なはずだが・・・・
なぜかいろんな人の耳や頭を介して、美女になったり、美容にも。

面白い。そんなそれぞれの時代や地域によって、呼び名や考え方が あって当たり前かと。
でも花は ほとんど変わっていないだろうけどね。
この記事のURL |  自然 あれこれ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<5月の北海道① 神威岬 (ゲストフォト) | メイン | マウイ島のすぐそばのラナイ島>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/196-745a961d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。