5月の北海道⑤ 知床五湖 (ゲストフォト)

090515知床五胡01

五湖は知床の厳しい大地の中の神秘的な潤いだろうか。
かつて33年前は五湖を全部回って「人の足の踏み入れない自然」と痛感もしたし
とても穏やかで静寂の中の湖かとも。

090515知床五湖02

遊歩道は昔と何も変わっていなくて、この熊笹が自然のありのままの姿を覆いつくして、
背丈ほどのある熊笹の中に、忽然と湖が横たわっているようで・・・

090515知床五湖09 

一湖の左向こうには山はない。
切り立った断崖・・・その下には流氷もやってくるオホーツク海が・・・

いつ自然界のひぐまがそこに現れても、おかしくはない。
そんな雰囲気の中で、今も熊出没のため、五湖全ては回れなかったようです。
人が危険であると同時に、自然界のひぐまにとっても・・・

090515知床五湖04

これは二湖かもしれないが、二湖は最も大きな湖。
やや高い台地に、ほぼ同じ高さで五つの湖が横たわっている。
そのすぐ背後の、羅臼岳から硫黄山まで続く知床連山に、まだ残雪が・・・

090515知床五湖07

きっと夏にはない、水量の多いせせらぎの流れかもしれない。
こんなところにフォーカスしていただけるのも、嬉しい。

090515知床五湖05

だが、こんな近くに多くの鹿が・・・・それも人を恐れない鹿。
ここも鹿が増えてきているのだろうか?かつては遠目で動物を見つけることに
喜びを感じたものだが・・・

090515ウトロ01

だがそんな時に、降雪が・・・
お客様はためらわず、ウトロのホテルへ戻られたようです。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索