いろんな阿寒湖

051005阿寒湖02

これは2005年の10月に撮ったもの。
知り合いの方の画像を見て、偶然同じ角度から撮られていたので
懐かしくアップしてみました。

051005阿寒湖01

もう一枚・・・2005年は初冬でしたので、阿寒湖から湯気が・・・・^^
いろんな季節に同じスポットに立てるのも、知人の存在があればこそです。

コメント

トゲウオ

北海道!しばらくいってないなぁ~。
お客様が2泊3日で視察旅行から今日帰って着ました。
ところで、「緑提灯」(みどりちょうちん)って知っていますか?
そのお客様から聞いて初めて知った訳ですが、北海道から始まった運動だそうで、「日本の農林水産物をこよなく愛でる粋なお客様のため、カロリーベースで日本産食材の使用量が50%を超えるお店で緑提灯を飾っています。 2005年4月、北海道小樽から始まり、現在では加盟店舗は1900店舗にも上ります。以下の条件で緑提灯を飾っています。旬の食材をお楽しみください。」
というモノ。
カロリーベースで日本の食材使用量の割合が
50%以上で☆
60%以上で☆☆
70%以上で☆☆☆
80%以上で☆☆☆☆
90%以上で☆☆☆☆☆
だそうです。
日本の食糧自給率のアップのための運動でしょうか?

しなびたオコゼ

知ってました
これもひとつの差別化でしょうか?
営業的、利潤追求のみならず、新鮮・安全・安心と自給率促進という末端からの取り組み・・・とも思えます。

小規模店で可能で、同業でありながら明確な意図を共有できる。
羨ましくも思いますね^^

今後、旅館やホテルにもそんな施設が増えるでしょうか?
本当に安いだけで商品を選ぶのではなく、その中身まで吟味できる時代
とは思いますが、現実は・・・
そんな時に、政府や行政に何ができるか、なんでしょうね。

さて、私も自給率とは異なりますが、
エコ運転に心がけています。
最近は赤信号で、無意識にイグニッション切ってますからね^^
でも「エコに心がけている」なんていっても、
「単にケチケチ運転しているだけだろ」ともいえます^^
なんか裏腹なんですよね。
単にガソリン代を浮かすだけを意図としても、それが環境保護として賞賛される。

一方で、人の思惑で株価が上がれば、会社の資本率が増え、拡大生産・消費拡大へと・・・

資本主義経済って、基本的に矛盾だらけかと最近思ってしまいます。
資本主義というより、金融経済の矛盾といってもいいのかもしれませんね。

「緑提灯」と「赤提灯」が並んでいたら・・・
やっぱり緑へ入ってみたくなりますね。

togeuo

エコ運転
○川県の「地球温暖化防止活動推進員」の一人として何も活動は出来ていませんが、車の運転はエコドライブを心がけていま~~~っす!
ゆっくり発信、前を良く見て赤信号になりそうだったっら、余計なアクセルの踏込はしない。
燃費が全然違いますから、、、というのも、愛車(中古車です)にメーターが付いていて、瞬間燃費、走行燃費、リッターあたりの走行距離が出てくるので仕方なく?エコドライブになってしまう。
やはり、自分の身の回りををそうしなければいけないような環境にしてしまわないと出来ないのかな、意思が弱いのかも。
自分の尻に火をつけないと動けなくなってしまったらおしまいだけど、なかなか出来ない弱い自分がいてたりして、、、
反省!!!!!(反省だけならサルでも出来る)
そもそも私のエコドライブの取り組みは、、、、、前を走っている車の排気ガスが異常に気になっていたからです。

しなびたオコゼ

何気なく
意識になく、当たり前に、普通に・・・・・
そんな毎日を続けていると、ペットボトルのお茶や水も、大量に溜まりますね。

それが当たり前だと思い込まされているのは、やはり経済至上主義のなせる業?

今コーシーのビンを空にして、ラベル剥ぎ取ったら、大きな綺麗なビンになって・・・
自分が幼い頃なら、そんなビンも捨てないで置いていたかも、
と回想してしまった^^;

飴玉入れ、お菓子入れ、そして貯まらない貯金箱。
あるいは水を入れて、メダカの学校?^^
メダカも迷惑だろうけど、子供ならでわの発想かも。
子供は生き物大好きだしね。

ものは捨てるものではなく、活用するものとして捉えたいですね。
「当たり前」という無意識に、少しでも気づければ・・・
と思います。

niko

早朝の阿寒湖
北海道旅行記…携帯写真でなく、
同じアングルのモノがありましたので
トラックバックさせていただきました^^
こうやって同じ場所の風景を、いろいろな時期に見られると、
またその地に出かけたい思いに駆られますね^^

しなびたオコゼ

すみません
本来はこちらからトラックバックかけたかったぐらいですが^^;

でもまぁ、同じところでも良し、違う角度でも良し、
それぞれの角度があって良いのでしょうね。
それぞれの思いが異なるように。。。

ただ人って、どうしても繋がりたいとか、共有したいとか、それも自然な成り行きで、
そしてまたいずれ、世俗の中でいろんな摩擦も。。。

みなさん我がありますからね。
私はなるようにしかならん!と思うこともしばしば^^
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索