【八丈島フリージアまつり】

八丈島フリージア

寒の戻りで寒い。
この冬は、寒気団予想に随分と世話になった。
振り返れば暖冬とも言えず、大寒波とも言えない?

さて、44年前から続けられている『八丈島フリージアまつり』
八丈富士の裾野に広がるパッチワークは、その香りと共に春を満喫できる。
もちろん黒潮も釣りも、クサヤもキンメのお造りも。

100308フリージア01

一足早く、春の香りを楽しんでいる。
クサヤもキンメもないけれど、八丈島の磯を妄想して。。。

3/21~4/4までの『八丈島フリージアまつり』
この時期の帰りの航空機の中は、とても甘い春の香りなんです。

コメント

休憩中

この時期、八丈島の話が出ると店長さんが花粉症なのに
島へ行くと、花粉症の症状が出ない!事を思い出します。
個人的には、八丈島は開発されいる箇所が少なく、たくさんの自然が残っている場所!
このまま、自然を残して頂きたく、より自然と一体化した八丈島になって貰いたいと願います。

okoze

花粉症の出ない島
行きたいです。
八丈=花粉症の出ない島 思い出してくれて ありがとうございますi-197

北西風の時は、わかりませんが、東や南方向からの風の時は、バッチリですねi-87

休憩中

伊豆半島回りもいまだ手付かずの自然が残っていますが、近年自然破壊が進んでいるのか?
森林が少なくなっています。
もっと自然を残してもらいたいと思いますね。

okoze

花粉症も
人への被害かもしれませんが、
自然の生物にとっては、厄介なディーゼル排気なんでしょうね。
人の全て都合のいいように、経済や発展だけに注目していた結果なんでしょうね。

私もいつ死ぬか、わかりまへんが、多くの子供たちには、残さないと。
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索