単純作業
2005/12/17(Sat)
010427.jpg

しなびたオヤジです。
先日テレビで、編み物がリラクゼーションをもたらすというのを見た。
単純作業がアドレナリンを抑えて、心休まる時間を作っていると。
もちろん普通の編み物で、それぞれの目的を持って、
形あるものへと近づけるものだ。
何を考えることもなく、一網、一目ずつ、編んでいく。
完成を夢見て、コツコツと積み重ねる、単純作業。
それが心の平穏と、身体のリラクゼーションをもたらすという事らしい。

私はそれを見ていて、なぜか磯釣りとダブらせてしまった。
自分がやっている釣り、それもそんな効果があるのではないかと。

磯に立って、撒き餌を打って、仕掛けを投げる。
そして仕掛けを回収して、また餌を付けて投げる。
そんな単純作業の繰り返しを、何回するのだろうか。

ただそれは、虚無の中での作業ではなく、
絶えず攻め方の暗中模索でもあるのだが、
いずれそんな攻め方も、いくつかのパターンとして定着してくる。
編み物も、よく解らないが一目を間違えずに、その法則はあるであろう。
しかし、そんなリズミカルな手の動きも、指も動きも
磯釣りにしてみても同じなのだ。

冬の魚の食い渋りの中、そんな動作を100回以上繰り返して
1枚も魚と出会えないときもある。
編み物は一編みずつ確実に完成に近づく。
食うか食わないか、釣りは解らない。
同じ動作を、パターンを変えて、繰り返している自分が居る。

過去の体験の中で、それまでは全く反応がなくとも、
いきなり、釣り糸が走り、竿がのされ、リールから
糸がはじき出されていくことも知っているのだ。
だからまた、同じ作業を再び繰り返す。
そしてその一瞬が来た時、
アドレナリンは一気に噴出すのだ。

編み物も釣りも、空想の中での積み重ねなのかもしれない。
編み物は確実に完成しても、釣りは完成はないのだ。

でも、そんなギャップも、そんな落差も、
磯釣りの醍醐味かもしれない。

そして、
それを失敗と捉えるか、心の解放としてリラクゼーションと思えるか、
大自然を目の前にして、単純作業の繰り返しの中で、
そんな時空を、さまよっているのかもしれない。
単純作業は、続ければ続けるほど、味が出る。
051121_600.jpg
この記事のURL |  磯釣り  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<57歳の挑戦 | メイン | 目は口ほどに>>
コメント
-  -
きっと、どんな物でも「どう楽しむか…」って言うことなんでしょうね^^
たとえは違うかもしれませんが、同じ作業でも楽しんでやっていることは疲れません。
nikoの場合だとPCね…
ブログの書き込みは、肩凝らないけど、
レポートのワープロ打ちは肩凝り偏頭痛です(笑)
2005/12/18 23:28  | URL | niko #Uhpbf45k[ 編集]
-  -
v-520オコゼです。
そそ、自分の意思でしないことや
与えられた単純作業の中でも、
なぜか楽しくできるときってあるよね。
でもついつい考えてしまうのが、
「なんでこんなことやってんのやろ?」
と、自分で分析することかも。
分析は、時には厄介なものである。
オコゼは分析・・・しないけど(笑)
2005/12/19 13:27  | URL | オコゼ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/26-ba2ab2fd

| メイン |