25年前と今



しなびたオヤジです。
昨夜の12時過ぎ、また何気なくTVをつけてみた。
小田和正のコンサート・・・なぜか以前にも偶然よく出会う番組なのだ。
今の歳になっては見たいものを見るということはほとんどない。
ウルルンなどはその中でも稀なものかもしれない。
だが偶然出会って見たいもののひとつに小田和正がある。

1979年、まだ私が25歳の時、オフコースの「さよなら」が流れていた。
「さよなら・さよなら・さよなら・・・もうすぐそこは白い冬・・・
愛したのは確かに そのままの君だけ」
そして1996年それらがリメイクされてラジオから流れる。
とても懐かしくかつ新鮮で、思わず買ってしまったLOOKING BACK

オフコース後のソロ活動での曲においても、
つい聞いてしまうものも私には多い。
そんなソロの現状について、「無感情・無責任」と指摘する人も
居なくはないが、逆に私から見れば音楽としての完成度を
さらに洗練させているようにも感じるのだ。

何かを伝えたい・・・
それは多くを語らずして、一言にその重みを残す。
そんな伝え方もあるはずだとも感じる。
「言葉に出来ない」

そんなコンサートも終盤、ゲストとして呼ばれたのは
北山修でも坂崎幸之助でもなく星野仙一でもない中居正広??
彼とのトークと「夜空の向こう」のギターソロでのデュエット。

それは素のままの中居を促しながらも、
小田の無責任さと一言の重みを、
後になって彼に感じて欲しかったのかもしれない
そんな小田の無感情のなせる業であったのかも・・・

決してファンサービスでも受け狙いでもない、
風の中で唄が歌える、そんな体験を通して・・・

写真は今の「HOF BRAU」と25年前木造パブの姿
051222ykhm04.jpg

コメント

niko

偶然、金スマでこのゲスト出演したところ、流しているのを見ましたよ^^
小田和正のコンサートゲストに、中居正広???
ちょっとビックリでしたね~
小田さんのファンにも中居ファンがいるようで、大半の人は喜んでたみたいだけど…
中居君自身が何でオレ?って言ってたけど、ホントなんで中居?
「その理由は、半年とか経ってから分かってくるよ。」って、小田さん意味深だったよね…^^
でも、あんなに真剣にそして気持ちよさそうに「夜空の向こう」をデュエットすることのできた中居君にとって、これは色々な意味で忘れることのできないクリスマスプレゼントになるのでしょうね?
しかし、小田和正かっこいいな~
鍛え上げられた者だけが、作り出すことのできる、揺るぐことのない美しさを目にしちゃいました(笑)

しなびたオヤジ

へぇ~偶然見てしまったんですね。
私もこれまた偶然(笑)
かっこいいよね・・・というより、洗練されている大人。
そんな印象さえあります。
中居君へ・・・
「頑張らない 欲張らない 諦めない」^^
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索