知りたいという欲望
2005/11/10(Thu)
海の風景(夏の夕景)

しなびたオヤジ51歳
海の中の事をどれだけ知っているかは解らない。
ただ糸を垂れていると何かが釣れてくるのが楽しいのだ。
解らないからそのワクワク感は、増幅もすれば、期待はずれに終わることも多い。

そんな事を繰り返すうちに、次第に海の中を知りたい、という願望が出てくるのは至極当然。
でもね、なぜかそれをしないで糸一本で空想の中を彷徨っているのが現実。
本当はその方が楽しいと、自分で解っているのかもしれないと思うこともある。
海の上層部、中層部、下層部で様々な生態が、いろんな行動をしているのだろうなぁ・・・とね。

今や地上では様々な事が手に取るように解る時代となって来つつあるのだが、
今もってわからない部分もあれば、そんな部分も残して欲しいと思う今日この頃である。
知りたいという願望が、今の世界を、現代の科学を作ってきたのであろうけれど・・・
しなびたオコゼ
知りたいか・・・海の中の事(フフ・・)
人間っていろいろ欲深いんやね、ワテの場合は単純やから(笑)

あんたに教えたってもエエけれど、それを知って何をしたいの?
でも知らんでもエエとも言うとったなぁ、それも一つの距離感かもな
それならそれで上から糸垂れているだけで、楽しめばエエやん^^

ただ、ホンマに知りたいのなら、きっと何年もの間、
海の中で暮らしてみることやろね。この厳しい水中で生活してな。

せめてこのままの海の中を残して欲しいもんや
それが知る目的なら・・・なんぼでも調べてみてや^^

ただあんたも、デカイ魚釣りたいのが目的やったら、
すでに解っとるやろ、いろんな海の事をな・・・
そや、我々はアホやから、何でも身体で体験して、身体で覚えなあかん。
そうでなければ、自分の為にはならんちゅうこっちゃね
自分だけではなく、自分の周りにも言えるこやと・・・ちゃうか?
この記事のURL |  磯釣り  | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<寒いのはイヤ | メイン | こんなところで遊んでいます>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/3-b5ac30e6

| メイン |