【雨降って山燃ゆる】

101010azuma02

10月10日 3連休の中日出発。
あいにく朝は本降り。。。だったが
福島へ行く途中、宇都宮辺りから晴れてきた。

当然ラッキーこの上ない。。。というのも、朝が雨なら車が少ないから^^
でも天気予報も、「午後も雨。。。」だったけどね。
なんてツキのある添乗員なのだろう???^^

これなら「磐梯吾妻スカイライン」を走破できる。。。かも?と思いながら
とりあえず土湯の道の駅まで上がってみた。

そこから見えましたね。。。浄土平の上の噴煙が!
「ならば 行くしかないだろう」ですね^^

上の画像はその途中の1400m地点ぐらいの車窓景色

101010azuma04

なんと見事なアタマ。。。ではなく
バックミラーもサイドミラーも全て色付いて。。。^^
道路沿いの燃えるような自然。。。(浄土平寸前)
約30kmのクネクネ道をゆっくり。。。ドライバーさんに感謝!

101010azuma03

浄土平手前の駐車場からの「一切経山」
この中腹から出ている噴煙が、下からも見えていたわけで。。。

101010azuma06

浄土平を挟んで東側の吾妻小富士のハイキング風景。。。お疲れ様です^^
というのも我々は、有料駐車場を避け、ほとんど車窓からの拝観^^

101010azuma05

バスは浄土平を過ぎやや下った辺りで再度止めて下車。
福島盆地を見下ろしているのだが、雨上がりの雲が目の前の空中で踊ってくれているようで。。

101010azuma01

そして振り向けば。。。目の前にこのあでやかな自然の色彩 (ほぼ標高1500m地点)
雨で良かった。。来れて良かった。。晴れて良かった。。雲も良かった^^

前日、前々日とかなり冷え込んでいたはず。
そんな翌日の雨上がり。。。素晴らしい自然に出会えたことに、感謝です。

101010azuma07

翌日、福島フルーツラインから見た吾妻小富士や一切経山の峰には、雲が掛かっていました。
nicoさん。。。間違いはないですよね?^^
魔女の瞳にはお会いできませんでしたが。。。^^;

コメント

はりんこ

もう!紅葉が始まってる!!!
オコゼさん、久しぶりです。
福島へ行ってきたんですね。3年ほど前に行ったときは10月20日頃で、紅葉のピークでとても綺麗でしたが、とても渋滞していました。
今年の山々は綺麗に赤く染まる?って言われていますので、各地の山の色合い色彩がきになります。
それでも、オコゼさんのブログは日に40くらいの訪問者があるようですね、さすが、先輩!すごいですねぇ!!!

ナカジマ&カワムラ

お久ぶりです
今日は偶然お会いしましたね。
会いに行こうとは思っていたんですよ(笑)

紅葉きれいですね(*^^)v
秋なのに秋じゃない気温だと思っていましたが、山々は季節を敏感に感じ取っているんですね☆彡

では卒業旅行よろしくお願いします(*^_^*)
またお会いしましょう。

okoze

はりんこさんへ
いえいえ40なんて滅多に。。。^^
ここは、旅行がメインというより、釣り??
自分としては、釣りも旅行も自然も、対して変わらんと思ってはいますが。。。^^;
でも、はりんこさんもすごいじゃないですか、
なにやらうちと同じく、オヤジ達に好評で^^

okoze

ナカジマ&カワムラさんへ
オヤジばかりかと思ったら、院生二人ですね。
院生なら、学問をいかに実践で応用できるか。。。
期待してますね^^

でもネットの世界でチマチマしているより、
会うのが一番だね!
現地調査・現地調査・・・・^^

あっ、私からも課題をひとつ、
「伊勢商人、近江商人、大阪商人」を
歴史的建築の観点から考察せよ^^

niko

魔女の瞳
機会があったら、是非魔女の瞳にも逢ってきていただきたいです。
今年は時間が取れなくて、私も魔女の瞳には逢いに行けそうもありませんが…
一切経山中腹から上がっている煙は、噴気なのであそこには温泉があるのかも…

okoze

温泉
あるでしょうね、出るでしょうねいっぱい^^
ただあまりにも硫化水素濃度が高ければ。。。
目や皮膚は。。。まずいどころか死にますね。

いわゆる硫黄泉とか硫化水素泉は、あのタマゴの腐ったような匂いで、
私。。。大好きなんですあのお湯。
でも苦手な方もいますね。
私の場合は逆に肌にすこぶる良い!

蔵王も草津も万座も箱根の姥子も白骨も、いわゆる硫黄泉ですね。
(各温泉の中には硫黄泉でない湯もある)

ただ一切経山も、面白かったのは、東側斜面に硫化水素が流れ出たようで、
草津白根山とその方角も一緒でした^^
素人の見解としては、山の形体にも寄りますが、やはり日本は西風?

一切経山へ登って、魔女の瞳を見るのも、風向き次第かもですね^^

COP10がありましたが、温泉が湧き出るところは危険も隣り合わせですが、全て自然の恵みと捉えたいですね。
非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索