スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【耳にイヤホン】
2010/10/20(Wed)
昨夜のFM局番組のメッセージテーマが
『自転車に乗りながらのイヤホン禁止。あなたは、賛成ですか?反対ですか?』
との問いかけ。。。なのだ

そんなの、賛成も反対も個人の自由勝手でしょ。。。
そう思わなくもないのだが、私も最近特に、「危険」そして「閉じこもり」といった感が強い。

危険なのは、歩きながらも自転車も同じ。
大学の近くで働いている私としては、7割程度の学生達が耳にイヤホンなのだ。
後ろから来た人や自転車や車などに気づきにくいばかりではなく、
見通しの悪い狭い路地交差点での飛び出しや、前からの移動物さえも反応が鈍い。

もし耳に何も付けられていなかったら、見えない路地とてかすかな車の音に気づくはず。
しかし両耳を塞がれている限り、直感的な微音への対応はゼロに近い。

聴取者は「賛成」・・70%台 「反対」・・30%台
。。。さて
個の権利は山ほどあるけど、35%とは 驚いた。

五感の中の、聞くという感を塞いでしまっている。
それも個の空間ではなく、公の空間で。。。
もっと言えば、自然の中で、生きようとしない、そう言っているようなものでは?

昨日のラジオでは、そんな意見はなかったが、
もっともラジオ局のテーマであるから、音楽もラジオものべつ幕無し聞いてもらえることが
第一条件なはずだよね。
スポンサーの端末販売にも協力しないとね。でもそんな度量の薄い局なのだろうか?
「心の休まるときにでも、聞いて下さいな」
「なきゃいけないと言うものではなく、お金の余裕のあるときに、買って下さいな」
と言えないようですね。
このテーマの本質に。。。矛盾?何が危険なのか。。。突き詰めれば自分の首を絞める?

磯の危険は耳で聞く。。。耳を塞ぐことはしない

飛行機の音、子供の泣く声、女性のヒール音、自分の歩く音、そして。。。無音
風の音、木の葉の音、鳥の声、雨の音、波の音。。。

少なくとも、単純に流されるな若者よ、人ひとり生きずにあらずを
今一度体験して欲しいと思う次第。

101010_01

男も女も お祭り。。。好き?
この記事のURL |  ひとびと | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<【好きだなぁこんな人】 | メイン | 【これも東京】>>
コメント
-  -
後ろから来た車に気がつかなくて亡くなった高校生が居ました・・・同じ年頃の子供居る自分は、とっても切なかったです。
携帯電話の使用の車の運転を禁止しているのだから、(加害者・被害者の関係もあるのだろうけど・・・)自転車の飲酒運転もあるようにイヤホンも、もう少し考えても良いのかも?しれません・・・
2010/10/20 20:50  | URL | yumi #-[ 編集]
- 母として -
切ない気持ちはあるよね。
注意するのは母ではなく、自分なのにね。

バーチャルな内にこもらず、自分で外へ飛び出して欲しいと。。。
。。。タモリ倶楽部では、ないけれど^^
2010/10/20 21:49  | URL | okoze #5AfE.fR2[ 編集]
- イヤホンは自由だけど、移動中は??? -
イヤホンを付けて自転車の運転、とても危険です。自分の息子が高校生時代事故に合いました。幸い怪我はなくて自転車が壊れただけで(相手の車もへこみました)
済みましたが、相手の車の方が、イヤホンで自転車に乗っているのが悪い!と言ってました。当然だと思いました。ただ、道路交通法では、自転車よりも車の方が悪くなってしまいます。最近変更になったかどうかは分かりませんが、イヤホンで音楽聴きながら自転車の運転はとても危険です。止まっている時か、安全な場所で聞くことを義務付けうする必要有りと思います。
怪我をしたり、それ以上の事故に合ってからでは遅いですよ。
2010/11/11 22:56  | URL | はりんこ #-[ 編集]
- リアル -
痛みも苦しみも、リアルに体感してみないと
人は動かない。。。

自分の世界を自分で演出できても、相手のいる世の中で
やはり公共の人と関わりのある場所では。。。ね

一人でリアルな旅に、出るのが一番かも。
2010/11/12 13:32  | URL | okoze #5AfE.fR2[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/304-2ab86c24

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。