スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【エゴと如実知見】
2011/04/16(Sat)
101116kgr

ニュースの中で、
「過去を思い出しても戻らぬこと、未来を望んでもそれは不確かなこと、なら、今を今として、やるしかない」
子供の手を握った 若きお父さんのその顔に、悲壮感もなく焦りもなく、穏やかで微笑みさえも 垣間見れた。

そこまで言わしめるもの、そしてあの迷いのない顔に、いやそれだけではなく
その周りの方々の顔も、同じか あるいはそれ以上の 笑顔で。。。

「今を生きている。。。」 そのものズバリ だと感じた。

ある方の話を思い出す。

「人は直接的なとても大きな体験を、如実に見たり体験したりすると、自己のエゴが壊れる」

「間近で身近な人の死に直面した人ほど、自分の周りの人やお世話になった人のことに目を向ける」

「人はいつかは死ぬ、それを直接体験した人は、自己中心的ではなく エゴから解放されていきます」。。と

本来の死生観とは、勉学や知識ではなく、死を体験した人でないと保持しえないものなのか。
今の日本こそ、「あなたは余命3か月です」と言われて、知恵も出せれば
「今を精いっぱい生きる」ことへの 試練を与えられているかのようで。。。

自然のすべり台。。。子供達には絶望より 希望がよく似合う。
この記事のURL |  ひとびと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【生きているから苦しいのだ】 | メイン | 【身体を動かす】>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sinabitakoze.blog35.fc2.com/tb.php/344-b76ab438

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。