【宮本常一 没後30周年 東京フォーラム】

110604宮本常一フォーラム

前々回の記事で取り上げた「宮本常一 没後30周年フォーラム」へ
奇異なるご縁のお蔭で、行ってきた。

フォーラムのパネルディスカッションでは澁澤栄一氏の水戸学との関連。
それは宮本氏を支えた澁澤敬三氏から、ある程度受け継がれていたのではという背景を拝聴した。
澁澤栄一氏の「経世済民」と儒学思想の「和して同ぜず」

それらは私にとっては新鮮な感覚で受け止められた。
澁澤氏の生きた時代、育った地域、それらが澁澤氏に与える影響は大きかっただろうと。

「和して同ぜず」はまるで「ジグソーパズル」であることも頷ける。
宮本氏のフィールドワークは、そんなジグソーを一つひとつ聞き取って集めまわった軌跡なのかも。

一連のフォーラム主催者の長岡秀世さんも、震災期を同じくして、彼の言葉に偶然を感じられている。
「今だからこそ宮本の済民という考え方と知行合一を・・・」

風俗や習慣、伝説、民話、民具、家屋、音楽など古くから地域の中で伝承されてきた
有形、無形の民俗資料を伝え残すほどに、見えてくるものがある気がする。
民俗学を紐解く中での フォルクローレ・・・・(ピミエンタさんだ)。

民族学とも相繋がることは確かだが、そこに出てくる人物の名もまた偶然だった。
その方は「知的生産の技術」の著者である梅棹忠夫氏。
その方は国立民族学 初代館長でもあったようだが、そのことは全く私の知識にはなかった。

だが。。。。なぜ前回の記事「忘れていいよ」として、時のエバーノートとして
私の中から浮かびだしたのかは、偶然かつ、わからなくとも、とても奇異なことかと思った。

無常の中から生み出される偶然は、やはり必然なのかもしれない。
ということは、いずれそれは龍谷ミュージアムへと繋がるかどうか。。。

コメント

非公開コメント

しなびたオコゼ

大阪の海沿いで1954/2月生まれ
3人兄弟の3男坊
25歳で単身横浜へ
幼少期この海で多くのオコゼがいた
だがもうこの海岸線は消された
砂地の浅瀬が消えた事で
生態系も変わったようだ
はて、この凡夫は
変わったのか、そのままなのか
煩悩の塊そのままで。。。

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  07  05  04  03  02  01  12  10  08  05  03  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブログ内検索